エリュアール 自由 Paul Éluard Liberté 愛するものへの連祷(Litanie)

ポール・エリュアール(Paul Éluard)の「自由(La Liberté)」は、第二次世界大戦でフランスがナチス・ドイツに占領されていた時、祖国の解放を訴えかけた詩として知られている。
しかし、それと同時に、詩人が妻のヌーシュに捧げた恋愛詩でもある。

21ある詩節は全て4行からなり、21番目の詩節以外、詩節の4行目は« J’écris ton nom (ぼくは書く 君の名前を)»で終わる。
その前の3行はほぼ« sur(上に) »で始まり、名前を書く場所が様々に指定される。

愛する人の名前を至るところに書きたくなることは、誰にでもあることだろう。
そうした単純でわかりやすい構造は、ポール・エリュアールの詩の特徴だと言われる。

その一方で、詩には句読点がいっさい使われていない。そのことで読み方の自由さは増すが、解釈の曖昧さを生み出すことにもなる。
また、« sur »で示される場所に関して、身近な場所や自然であることもあれば、非常に抽象的であったり、現実と対応しない言葉であることもある。その結果、現実的なものと現実的とはいえないものが混在し、全体としては一つの「超現実(surréalité)」を形作るともいえる。
その視点からは、一見単純で明快に見える「自由」も、シュルレアリスム(超現実主義)の詩に属すると考えることができる。

Liberté

Sur mes cahiers d’écolier
Sur mon pupitre et les arbres
Sur le sable sur la neige
J’écris ton nom

自由

ぼくの学校時代のノートの上に
ぼくの机と木々の上に
砂の上に 雪の上に
ぼくは書く 君の名前を

ジェラール・フィリップの素晴らしい朗読を聞くと、この詩をフランス語で読む喜びを実感できる。約3分の間、美しい朗読に耳を傾けてみよう。

続きを読む

エリュアール ゲルニカの勝利 Paul Éluard La Victoire de Guernica 

ポール・エリュアールは、アンドレ・ブルトンの主導するシュルレアリスム運動に参加した詩人。
ピカソなど他分野の芸術家とも親しく、1937年のパリ万国博覧会でピカソが「ゲルニカ」を展示した際には、エリュアールの「ゲルニカの勝利(La Victoire de Guernica)」も同時に掲げられた。

絵画と詩の題材は、1937年4月26日にドイツの爆撃機がスペイン北部の都市ゲルニカに対して行った爆撃であり、ピカソやエリュアールは、一般の市民たちが蒙った戦争の惨禍に衝撃を受け、抗議の声を上げたのだった。

「ゲルニカの勝利」の特色の一つは句読点がないこと。そのために、言葉と言葉の関係が自由になり、多様な解釈の仕方が可能になる。しかし他方では、その自由さが理解の難しさを生むことにもなる。

詩全体は14の詩節で構成される。その中で、第1詩節から第4詩節までは、ゲルニカの町と住民たち、そしてそこに死が襲ってきたことが歌われる。

ちなみに、第1詩節と第2詩節には、手書き原稿に残された版と1938年に出版された詩集『自然の流れ(Cours naturel)』に掲載された版で、語句の変化が二箇所ある。De la nuit / de la mine(1) au fond / au froid(2)
ここでは出版された版を本文とし、もう一方をカッコの中に入れて記載することにする。

La victoire de Guernica

I
Beau monde des masures
De la nuit (mine) et des champs

II
Visages bons au feu visages bons au fond (froid)
Aux refus à la nuit aux injures aux coups

III
Visages bons à tout
Voici le vide qui vous fixe
Votre mort va servir d’exemple

IV
La mort cœur renversé

続きを読む