バッハとジャズ ジョン・ルイスの「プレリュードとフーガ」

バッハの曲はジャズと相性がいい。
だから、室内楽を思わせる端正な演奏が特色のモダン・ジャズ・カルテット(MJQ)を率いていたピアニスト・ジョン・ルイスが、「平均律クラヴィーア曲集」を取り上げたのは、自然なことかもしれない。

Vol. 1

プレリュードの部分は、ルイスのピアノソロで、原曲のまま弾かれている。
それに続くフーガの部分は編曲され、ピアノ(John Lewis)、ヴィオラ(Lois Martin)、ギター(Howard Collins)、ヴァイオリン(Joel Lester)、ベース(Marc Johnson)の5重奏で演奏される。

どちらもいいけれど、面白いのはやはりフーガの演奏。原曲のイメージを残しながら、自由に変化していくところは、いかにもジャズらしい。そこではステキなメロディーが生み出され、心地よい音楽が聞き終わった後まで頭の中で続く。いつ聞いても気持ちがいいし、どこから聞き始めても違和感がない。

バッハもいいし、ジャズもいいよねって、誰にも思わせてくれる演奏。

Vol. 2
Vol. 3
Vol. 4

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中