リュクサンブール公園と文学者の像

リュクサンブール公園は、パリの中心地にありがなら広大。フランスの文化的な豊かさの現れの一つだといえる。


18世紀ロココ絵画の代表的画家、アントワーヌ・ヴァトーに捧げられた彫刻

Henri Désiré Gauquié, Monument à Watteau

この公園にはたくさんの彫刻が置かれているが、有名な文学者の像もある。

François-Léon Sicard, George Sand
Auguste Rodin, Le médaillon de Stendhal
Pierre Fix-Masseau, Baudelaire
Baudelaire

ヴェルレーヌの像。横光利一は『旅愁』の中でリュクサンブール公園を描きながら、この像について次のように書いている。
「三人の裸形の女が下から狂はしげに身を捩じらせて仰いでゐる眞上に、ぬつと半身を浮かべたベルレーヌの爛爛とした眼光が、何物かをうち貫き、パンテオンの尖塔をはるかに見詰めて立っている。」

Auguste de Niederhausern-Rodo, Paul Verlaine

リュクサンブール公園と文学者の像」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中