ランボー 「酔いどれ船」 Rimbaud « Le Bateau ivre » その3 見者のヴィジョン

第6−7詩節において、「ぼく=酔いどれ船」は「海という詩」を航海していることが明かされた。そこで示されたのは、新しいポエジーの定義。錯乱とリズムを中心に、青を基調として赤茶色が配色された。

第8詩節から第10詩節になると、「見る」という言葉を中心に、「ぼく=酔いどれ船」が航海する間に見たと思われるものが描かれる。

見者の知

第8詩節では、何を知り、何を見たのかが語られる。

Je sais les cieux crevant en éclairs, et les trombes
Et les ressacs et les courants : je sais le soir,
L’Aube exaltée ainsi qu’un peuple de colombes,
Et j’ai vu quelquefois ce que l’homme a cru voir !

ぼくは知っている。いくつもの雷が切り裂く空も、竜巻も、
沖に向かう潮の流れも、岸に向かう潮の流れも。ぼくは知っている。夕方も、
「明け方」も。鳩の群のように高揚する明け方だ。
ぼくは時に見たことがある。人が見たと思ったものを。

前の3詩句は、知っていること(je sais)を、4詩行目は、見たこと(j’ai vu)を明かす。

知っていることは、空間の次元と時間の次元の二つに分かれる。

1)空間:空と海
空には雷が幾筋も走り、海には、沖に向かう潮の流れ(ressacs)と、それに対抗する岸に向かう潮の流れ(courants)がある。
その空と海の間には稲妻が走り、上下の空間を繋いでいる。
そこで示されるのは、空と海、天と地が対応(コレスポンダンス)しているということである。

Turner, Slavers throwing overboard the Dead and Dying 

2)時間:夕方と明け方
夕方と明け方は、昼と夜の中間の時間帯であり、その二つの時間が溶け合う時といえる。その中で、ランボーはとりわけ明け方を強調する。
そのために、Aubeの最初を大文字にし、恍惚を連想させる言葉(exalté)を付け加える。それは、太陽が海から昇るときの高揚感であり、鳩の群れが空に舞い上がる姿で、具体的なイメージとして描かれる。

こうして、知っていることが列挙された後、すでに見たことが明かされる。
それは、「人が見たと思っていること」。
ぼくと人の違いは、見たのか、見たと思うのか。その違いは決定的な重要性を持つ。

ぼくは、普通の人間が見たと「思っている」こと、つまり、想像や錯覚なども含め、時として実際に見たのだと言う。
詩人にとって、現実の出来事も空想の出来事も区別なく、見たものは見たものなのだ。想像力が生み出すヴィジョンと現実の間に境目はない。
「見者voyant」の世界観がそこにある。

そのような認識に基づき、見者ランボーの想像力は疾走し、第9−10詩節では、見たものと夢見たものが描き出される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中