ラモー「夜の賛歌」 映画「コーラス」より

2004年にフランスで大ヒットした映画「コーラス」で歌われ、よく知られるようになった「夜」。
主人公の少年を演じたジャン・バチスト・モニエのボーイ・ソプラノが、いつまでも心に残る。

Ô Nuit ! Viens apporter à la terre
Le calme enchantement de ton mystère.
L’ombre qui t’escorte est si douce,
Si doux est le concert de tes voix chantant l’espérance,
Si grand est ton pouvoir transformant tout
en rêve heureux.

Ô Nuit ! Ô laisse encore à la terre
Le calme enchantement de ton mystère.
L’ombre qui t’escorte est si douce,
Est-il une beauté aussi belle que le rêve ?
Est-il de vérité plus douce que l’espérance ?

https://fr.wikipedia.org/wiki/Hymne_à_la_nuit

元々は、18世紀フランスを代表する作曲家ラモーのオペラ「イポリットとアリシー」の「永遠の賛歌を捧げよう」(第1場、3幕)。
その曲をベースにして、ジョゼフ・ノワイヨンが作曲したのが、「夜の賛歌 Hymne à la Nuit 」。

2005年には、映画の中の子どものコンサートも開かれている。