ヴェルレーヌ 「巷に雨の降るごとく」 Verlaine « Il pleure dans mon cœur », Ariettes oubliées III 日本的感性?

Camille Pissaro, Avenue de l’Opéra, effet de pluie

ヴェルレーヌの「巷に雨の降るごとく」は、掘口大學の名訳もあり、日本で最もよく知られたフランス詩の一つである。

掘口大學の訳も素晴らしい。

巷に雨の降るごとく
わが心にも涙降る。
かくも心ににじみ入る
このかなしみは何やらん?

ヴェルレーヌの詩には、物憂さ、言葉にできない悲しみがあり、微妙な心の動きが、ささやくようにそっと伝えられる。
こうした感性は、日本的な感性と共通しているのではないだろうか。

「巷に雨の降るごとく」は、1874年に出版された『言葉なきロマンス』の中の詩。最初の章である「忘れられたアリエッタ」の3番目に置かれている。

この詩集が書かれた時期、ヴェルレールはランボーと過ごし、彼の影響を最も強く受けていた。
そのためもあり、「忘れられたアリエッタ 3」では、エピグラフとして、ランボーの詩句が置かれている。

« Ariettes oubliées »   III
Il pleut doucement sur la ville.
( Arthur Rimbaud)

Il pleure dans mon coeur
Comme il pleut sur la ville,
Quelle est cette langueur
Qui pénètre mon coeur ?

                街に静かに雨が降る。
                   (アルチュール・ランボー)

心の中に涙が流れる。
街に雨が降るように。
この物憂さは何だろう、
私の心を貫き通す。

1行6音節なので、2行にすると12音節。フランス詩の代表的な形であるアレクサンドランになる。
その真ん中で区切られて、規則的に6/6/6/6とリズムが刻まれる。

また、母音 eu の音が何度も反復され(アソナンス)、まろやかな響きが詩節全体を満たしている。
pleure, cœur, pleut, langueur, cœur.
アソナンスは詩句を音楽的にするための、一つの手段だと考えられる。

この詩がランボーの影響を受けていることは、韻を検討するとわかってくる。

ランボーは詩の革新者で、伝統的な詩法を守らないことがよくあった。

ヴェルレーヌも、この詩の中で、韻を無視している。
villeと韻を踏む単語がない! 
これは韻文の規則の重大な違反であり、韻文とは言えなくなってしまう。

では、なぜそうしたのか?
cœurは韻を踏んでいるので、 langueurのところにvilleと韻を踏む言葉を置けば、規則的な韻文になった。
しかし、cœurと« eu »の音を反復させ、アソナンスを韻よりも優先することで、音楽性を強く出した。
この伝統破りは、違反するということの強い意志の表明だと考えられる。

「何よりも先に音楽を」が、ヴェルレーヌの主張だった。
https://bohemegalante.com/2019/06/16/verlaine-art-poetique/
伝統的な規則を破っても、自己の主張をする。
これはランボーの影響だろう。

「忘れられたアリエッタ 3」は本当に音楽性に溢れている。
朗読を聞き、自分で詩句を口にすると、その音楽性がはっきりと感じられる。

ランボーの影響と考えられることは、韻だけには留まらない。
普通のフランス語には存在しない、新しい言葉、新しい表現を作り出していることも、彼の影響だろう。
その試みは、詩の冒頭に置かれている。

Il pleure (…) / Il pleut (…)

Il pleutは英語だとit rains. つまり、非人称構文で、il は誰も指していない。
ヴェルレーヌは、そのilを、pleurer(泣く)という動詞に適用した。

Il pleure.

雨が降るのと同じように、涙が降る。しかし、泣く主体は非人称で、誰なのかわからない。
この表現は通常のフランス語にはなく、全く新しいフランス語である。

ヴェルレーヌは、一人では、こんな大胆なことはできなかっただろう。
エピグラフにランボーの名前を出し、Il pleutで始まる詩句を挙げる。
そのことで、il pleureの il が非人称であることの予告をしている。
ちょうど、ランボーが彼の保証人であるかのように。

私たちにとって非常に面白いことに、この新しい表現法は、日本的な感性と対応している。
共通するのは、動作の主体が明確ではないこと。
まず涙がこぼれ、その場所として心が示されるという過程は、日本語表現がしばしば取る表現法である。

ヴェルレーヌ自身、主体がないままに、事象が生成する世界観を持っていることは意識していた。
そのことは、「忘れられたアリエット 1」ではっきりと示されている。
https://bohemegalante.com/2019/07/10/verlaine-ariettes-oubliees-i/
最初に来るのはc’estであり、その後ろの事態が示される。

それは、物憂い恍惚感。 C’est l’extase langoureuse.
それは、愛の倦怠感。  C’est la fatigue amoureuse.

西洋的な思考では、主体と客体の分離が前提である。
そして、主体が客体に働きかけることで、何かが生み出される。
こうした世界は、他動詞的と言ってもいいだろう。

日本的な世界観は、それとは反対に、自動詞的だといえる。
主体と客体は分離せず、ひとりでに何かが生成するという、主客合一の世界観といっていいだろう。
「私」という主体が外界の中に一人で立ち、自立しているのではなく、外界の中に溶け込み、一体化しているという感覚が最初にある。
人間が自然と対立するのではなく、調和を持ち、自然の中で、自然とともに生きるという感性。

こうした日本的な世界観の中では、心と外界の境目が希薄で、外の世界に降る雨も心の中で感じ、シトシト等といったオノマトペで表現したりする。
https://bohemegalante.com/2019/04/26/japonais-onomatopee/
実際、掘口大學は、ランボーの« Il pleut doucement »を「雨はしとしとふる。」と訳し、doucement(穏やかに)という副詞にオノマトペを使っている。

ヴェルレーヌが生きた19世紀後半のフランスでは、浮世絵が大流行し、ジャポニスムの華が開いた。
印象派の画家たちには、浮世絵の影響が少なからずあることは、すでに確認されている。
https://bohemegalante.com/2019/02/11/impressionisme-ukiyoe/
そうした中で、ヴェルレーヌも多少日本の事物に触れたかもしれない。
直接の影響関係を論じることはできないが、彼の中に日本的な感性と似た感性があり、彼の多くの詩句にその感性の反映が見られることは確かである。

ヴェルレーヌ 「巷に雨の降るごとく」 Verlaine « Il pleure dans mon cœur », Ariettes oubliées III 日本的感性?」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中