ビル・エヴァンス ポートレイト・イン・ジャズ Bill Evans Portrait in Jazz

アルバムの題名は、ジャズで描いた肖像画。
ビル・エヴァンス(ピアノ)が、ベースのスコット・ラファロ、ドラムスのポール・モチアンと共に、9つのスタンダード曲を演奏し、1枚の絵画を描いたアルバム。

演奏の面白さはインタープレイにある。
ベースとドラムスがバックになってリズムを生みだし、ピアノが主役として全体をリードするわけではなく、それぞれの楽器がお互いの音を聞きながら、対話をしている。

スタンダード曲が多く収録され、聞きやすいけれど、しかし緊張感が溢れている。リリカルでありながら、力強くもある。
朝聞いても、夜聞いても、昼でも楽しめる。