ミスティ Misty

しっとりとした気分でジャズを聴きたい時ピッタリなのが、「ミスティ(Misty)」。
ピアニストのエロル・ガーナーが1954年に作曲した曲。ニューヨークからシカゴに移動中の飛行機から霧を眺めている時に、ふと思いついたメロディだという。その曲を聴いた友だちが、霧のようにぼんやりしているという感想を抱いたところから、Mistyという題名が付けられた。

その後、1959年に、ジョニー・マティスが歌詞を付けて歌い、ジャズのスタンダートとなった。

Look at me
I’m as helpless as a kitten up a tree
And I feel like I’m clinging to a cloud
I can’t understand
I get misty, just holding your hand

Walk my way
And a thousand violins begin to play
Or it might be the sound of your hello
That music I hear
I get misty the moment you’re near

You can say that you’re leading me on
But it’s just what I want you to do
Don’t you notice how hopelessly I’m lost
That’s why I’m following you

On my own
Would I wander through this wonderland alone
Never knowing my right foot from my left
My hat from my glove
I’m too misty and too much in love
http://oyogetaiyakukun.blogspot.com/2015/10/misty-johnny-mathis.html

作曲者であるエロル・ガーナーのピアノで聴くと、彼特有のメランコリックな抒情が伝わってくる。

エラ・フィッツジェラルドの歌は、模範的といっていいほど、端正で美しい。

カーメン・マックレーとサラ・ヴォーンの歌。エラと並ぶ大物歌手だけに、どちらも魅力的。
サラ・ヴォーンのバックは、クインシー・ジョーンズのオーケストラ。

カウント・べーシーのオーケストラは、色々な楽器の音色を聴かせてくれる。

ミッシェル・ペトルチアーニのピアノは、いつものように、抒情性とダイナミックさが調和している。
ここでは、ステファン・グラッペリのギターとの共演。ギターの響きがピアノと対話している様子がよく感じられる。

ピアノなら、アーメッド・ジャーマルの演奏もある。原曲のメロディーを辿りながら、様々な遊びが加えられ、楽しませてくれる。

テナー・サックスのスタン・ゲッツが、超一流の演奏家たちと一緒に演奏した「ミスティ」。
ピアノ:ハービー・ハンコック。ヴァイヴブラフォン:ゲーリー・バートン。トロンボーン:ボブ・クルックマイヤー。ドラムス:エルビン・ジョーンズ。ベース:ロン・カーター。

夜のジャズといった感じの「ミスティ」。
デクスター・ゴードンのテナー・サックスが印象的。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中