紅の豚 大人を主人公とした、大人のためのアニメ

「紅の豚」の主人公は、豚の顔をした中年のパイロット。格好良くもないし、英雄でもない。何か特別なことを成し遂げるわけでもない。

そんな作品に関して、宮崎駿監督は、「紅の豚」の演出覚書の中で、「疲れて脳細胞が豆腐になった中年男のための、マンガ映画であることを忘れてはならない。」と書いている。

また、「モラトリアム的要素の強い作品」という言葉を使い、大きな流れから一旦身を引き、執行猶予あるいは一時停止の状態にいる人間の状況がテーマであることを暗示する。

そのような状況設定に基づき、「紅の豚」は私たちに、宮崎監督の考える「大人」、そして「人間が個人として生きることの意義」を明かしてくれる。

どうして主人公が豚なのか?

「紅の豚」が公開された時、多くのインタヴューで、なぜ主人公が豚なのか、という質問が宮崎監督に投げかけられた。
それに対して、宮崎監督は、キャラクターが出てくるときというのは理由なんかなしに出てくる、と答えている。

最後にマルコは人間に戻ったのか、という質問に対しては、人間に戻るということがそれほど大事なことなんでしょうか、と答える。

こうした質問と答えのずれは、何を意味しているのだろう。

「紅の豚」が昔話や伝説であれば、主人公が豚でも誰も「なぜ?」という質問はしない。
グリム童話の「蛙の王様」であれば、魔法にかけられて蛙に変身させられた王子は、王女によって壁に投げつけられると魔法が解け、元の王子の姿に戻る。
「美女と野獣」でも、野獣は病の中で娘の愛を受け、本来の王子の姿に戻る。
二つの変身譚はどちらも、蛙と野獣が人間の姿に戻ることで、物語として完結する。

宮崎監督は、こうした物語を十分に意識し、ポルコが最初は人間の顔を持ち、マルコ・パゴットという名前のパイロットだったというエピソードを描く。

マルコ・パゴットは第一次世界大戦で、イタリア海軍のエース・パイロットだった。そして、ホテル・アドリアーノのジーナや戦友のベルリーニたちと「飛行クラブ」を作り、冒険旅行を繰り返していた。

ある時、敵軍に襲われ、ほぼ全員が撃墜され、マルコも一面が真っ白な雲の平原に出る。そこには味方の戦闘機が群をなして流れていて、ジーナと結婚したばかりのベルリーニの飛行機もあった。
その体験の中、あるいは後で、マルコの顔が豚の顔に変わった。

イタリア海軍のエース・パイロットは、今では、空賊を退治することで賞金を得る一匹オオカミ的なパイロットになり、名前もマルコ・パゴットからポルコ・ロッソ(赤い豚)へと変わっている。
外観は完全に中年のおっさん。決して格好いいパイロットではない。

しかも、彼はイタリア軍を裏切り、怪しげな賞金稼ぎをしている。
軍に戻らないかという誘いには、「ファシストになるより豚の方がましさ。」などと応え、お尋ね者として扱われることを選択する。
その意味では、外観だけではなく、中身も変化したと言える。

この二重の変身(外観と中身)を通して見えてくるのは、宮崎監督の意図が、マルコよりもポルコの方が「いい」あるいは「まし」ということ。
軍隊に所属し、国家に忠誠を尽くして戦う義務から逃れ、個人で好き勝手に空を飛ぶことを選択した男が、あえて再び元の位置に戻ることはない。
人間の顔のマルコではなく、豚のポルコのままでいい。

その確認をしてくれるのが、ジーナやフィオである。

いかにも中年の体型をしたポルコが、どうしてジーナやフィオのような女性から愛されるのか、不思議な感じがする。
しかし、彼はもてる。

ジーナは、ポルコがマルコだった時からの知り合いであり、3人の男達と結婚しながら、本当に愛していたのはたぶんマルコだった。
そして、顔が豚に変わった後からも、変わることなく、彼を思い続けている。

アメリカ人のパイロット、ドナルド・カーチスから求婚された時、もし飛行艇に乗った男が庭に下りたら、「今度こそ彼を愛そうと賭をしているの。」と告げる。次の場面で、その男が赤い飛行艇に乗って上空を優雅に飛ぶが、庭には下りない。もちろんそれはポルコ。

フィオはポルコの飛行艇を修理した時からポルコに憧れ、修理工場があるミラノからアドリア海の隠れ家のある無人島まで付いてくる。
そして、ポルコが過去の体験を語った後では、「ポルコが生きていてくれてうれしい。」と無邪気に言い、彼の頬に口づけをする。

ポルコとカーチスがフィオをかけて無意味な決闘をした後で、イタリア空軍が来襲する。それをポルコに知らせるために駆けつけたジーナは、「もう一人、女の子を不幸にする気」と言う。彼のために不幸になりそうな女の子とは、フィオ。そして、若い頃のジーナ。

中年男の体型をし、豚の顔の男が、二人の女性に愛される。とすれば、この二人の女性は、ポルコがポルコのままでいいことを確認させてくれる存在だ。

「紅の豚」では、最後にポルコが人間の姿に戻ったのかどうか、曖昧なまま残される。
その曖昧さは、変身譚に関して観客が持つ「期待の地平」(最後は豚が人間に戻るはずという予想)に基づいて監督があえて作り出したものと考えていいだろう。
その上で、監督の意図は、ポルコの魅力を描くことにあった。
とすれば、ポルコが人間の顔を取り戻し、マルコに戻る必要はない。

「紅の豚」は、あくまでも、マルコ・パゴットではなく、ポルコ・ロッソが主人公の映画なのだ。

紅の豚 大人を主人公とした、大人のためのアニメ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中