ラシーヌ 『フェードル』 Racine Phèdre 理性と情念の間で 3/3

イポリットは、フェードルの言葉を誤解したふりをして、その場を立ち去ろうとする。

      HIPPOLYTE.

Madame, pardonnez : // j’avoue, en rougissant,
Que j’accusais à tort // un discours innocent.
Ma honte ne peut plus // soutenir votre vue ;
Et je vais…/

      イポリット

奥様、申し訳ございません。告白いたします、赤面しながら。
私は、間違えて、罪のないお言葉を非難してしまいました。
恥ずかしく、もう、あなた様の眼差しを耐えることができません。
私はこれから・・・。

イポリットはフェードルの情念をはっきりと理解している。だからこそ、彼女の言葉(discours)が罪のないもの(innocent)だったにもかかわらず誤解したなどと、あえて彼女の言葉を真に受けるふりをする。
そして、そのことが恥ずかしく、もう一緒にいることはできないと、立ち去る口実を作り出す。

しかし、あなたの眼差しを耐える(soutenir votre vue)ことができないというのは、どんな時でもフェードルと会うのを避けたい彼の気持ちを暗にほのめかしている。

        PHÈDRE.

      Ah, cruel ! // tu m’as trop entendue !
Je t’en ai dit assez // pour te tirer d’erreur.
Eh bien ! connais donc Phèdre // et toute sa fureur :
J’aime ! / Ne pense pas // qu’au moment que je t’aime,
Innocente à mes yeux, // je m’approuve moi-même ;
Ni que du fol amour // qui trouble ma raison
Ma lâche complaisance // ait nourri le poison ;
Objet infortuné // des vengeances célestes,
Je m’abhorre encor plus // que tu ne me détestes.

      フェードル

ああ、残酷な人! あなたは私をわかりすぎるほどわかっています!
もうたっぷりと話したので、誤解することはないはず。
そう! 知りなさい、フェードルのことも、狂ったような熱情も。
愛している! 考えないで。あなたを愛しているこの時も、
私に罪がないと思い、自分を肯定しているなどと。
この狂おしい愛、理性を揺さぶる愛に
おずおずと満足し、毒を養ってきたなどと。
天空の神の復讐の不幸な標的になり、
自分を嫌悪しているのです、あなたが私を嫌う以上に。

イポリットの「私はこれから・・・(Et je vais…)」という3音節の言葉の後、フェードルは彼にそれ以上言わせないように、言葉を発する。
「ああ、残酷な人!(Ah, cruel !)」

そして、自分の愛がどのようなものか、さらに一歩進んだ説明をする。
このフェードルのセリフこそが、この芝居の最も本質的な部分だと言って間違いない。

フェードルの愛は、狂った情熱(fureur)。
理性を混乱させる(trouble la raison)狂った愛(fol amour)。
人を死に至らしめる毒(poison)。
そして、その愛は神の復讐、つまりヴィーナスがヘリオスに対する恨みを晴らすための道具なのだ。
言い換えれば、フェードルの「自由意志」によるのではなく、天に定められた「運命」だということになる。

彼女はその運命に対して、無気力に自足している(lâche complaisance)わけではなく、自分の意志の力で立ち向かおうとしてきたし、今でも立ち向かっている。イポリットを避け、愛さないように努めてきた。
愛が罪であることを認め、自分のことを嫌悪しているのだ。

しかし、どうすることもできない。
イポリットに対する愛は、「私は自分を嫌悪しているのです、あなたが私を嫌う以上に。」という言葉の中にも溢れてきてしまう。
つまり、「あなたが私を嫌う(tu ne me détestes)」という言葉の裏には、愛であろうと憎しみであろうと、私に想いをかけて欲しいという願望が込められている。
フェードルは、狂気の愛を悔いているその瞬間も、イポリットの愛を得たいという想いから逃れることができないでいる。

この真実に溢れた葛藤こそが、『フェードル』という芝居の美の源泉だといっていい。
その美しさは、目的語なしで叫ばれる 「愛している! (J’aime !)」に象徴される。
愛は毒であり、美なのだ。
パトリス・シェロー(Patrice Chereau)が演出し、ドミニク・ブラン(Dominique Blanc)が演じるフェードルの発する叫び(3分59秒)がもたらす緊張感は、ラシーヌ悲劇の中でも最も感動的なシーンだろう。


Les dieux m’en sont témoins, // ces dieux qui dans mon flanc
Ont allumé le feu // fatal / à tout mon sang ;
Ces dieux qui se sont fait // une gloire cruelle
De séduire le cœur // d’une faible mortelle.
Toi-même en ton esprit // rappelle le passé :
C’est peu de t’avoir fui, // cruel, je t’ai chassé ;
J’ai voulu te paraître // odieuse, inhumaine ;
Pour mieux te résister, // j’ai recherché ta haine.
De quoi m’ont profité // mes inutiles soins ?
Tu me haïssais plus, // je ne t’aimais pas moins ;
Tes malheurs te prêtaient // encor de nouveaux charmes.

神々が証人です。神々が、私の胎内で、
火を付けたのです、私の血に運命的な火を。
神々は、残酷な栄光を自ら作り出したのです、
人間のか弱い心を誘惑して。
あなた自身で、過去を思い起こしてみておくれ。
あなたから私が逃れたことは意味もないこと。残酷なあなたを、私は追い払いました。
あなたの目に、私がおぞましく、人間的でないように映ってほしかったのです。
もっともっとあなたに抵抗するため、私は憎まれるようにも務めました。
そうした無益な行為が、何かの役に立ったでしょうか。
あなたが私を憎めば憎むほど、あなたへの愛が弱まるわけではなかった。
あなたの不幸の数々が、新たな魅力をさらにあなたに付け加えることになった。

フェードルが彼女の愛を神々に由来すると言うことは、決して責任を神に押しつけているわけではない。(そうした解釈が提示されることがあるが、それは現代的な感性を17世紀の芝居に投影しているためであり、ジャンセニスム的な視点からラシーヌの芝居を解読しないことから来ている。)

ラシーヌは、フェードルの愛を運命によると、はっきり示している。
引用の2行目、Ont allumé le feu // fatal / à tout mon sang で、6/6のリズムと意味のずれが生じる。feu (火)// fatal(運命的な)と句またぎ(emjambement)が使われ、fatalという形容詞が強調される。

人間の心(cœur)はか弱い(d’une faiblesse mortelle)。
弱い人間であるフェードルが、イポリットから憎まれるために、自分をおぞましい(odieuse)人間、あるいは非人間的に(inhumaine)見せようとあがく。しかし、自分の気持ちをどうすることもない。

憎まれるように努めること(chercher ta haine)は、意図とは逆に愛を求めることでもある。
だからこそ、イポリットから憎まれた(Tu me haïssais)としても、それで彼への愛が弱まるわけではない(je ne t’aimais pas moins)。
比較級のplusとmoinsを使ったこの対句は、人間の心理の微妙な動きを見事に表現している。

フェードルは、どんなことをしても、イポリットを愛し、彼からの愛を望んでしまう。

J’ai langui, / j’ai séché // dans les feux, / dans les larmes :
Il suffit de tes yeux // pour t’en persuader,
Si tes yeux un moment // pouvaient me regarder…
Que dis-je ? / cet aveu // que je te viens de faire,
Cet aveu si honteux, // le crois-tu volontaire ?
Tremblante pour un fils // que je n’osais trahir,
Je te venais prier // de ne le point haïr :
Faibles projets d’un cœur // trop plein de ce qu’il aime !
Hélas ! / je ne t’ai pu // parler que de toi-même !

私は衰弱しました。枯れ果てました。炎の中で、涙の中で。
少しご覧になるだけで、おわかりになるでしょう。
もしあなたの目が、一瞬でも、私を見つめてくだされば・・・、
何を言っているのでしょう。今してしまった告白、
こんなに恥ずかしい告白が、意図したものだと思うのですか。
一人の息子、私が裏切ることができない息子のために、
私はあなたにお願いにやってまいりました。その子を憎まないようにと。
弱々しい計画を抱く心は、愛するものへの思いで一杯なのです!
ああ! あなたに話すことができたのは、あなた自身のことでした!

愛を伝えたい情念と、禁じられた恋を押しとどめようとする理性の間で、フェードルは葛藤を続ける。
想いを伝えながら、想いを隠そうとする。
そこで、話のつじつまが合わなくなる。

愛のために、こんなにやつれたといい、その姿を見て欲しいと願う。
しかし、その告白(aveu)はすべきではないし、隠しておかなければならない。
そこで、意図したもの(volontaire)ではないと言う。

いかにもイポリットを愛しているように見せているが、実は別の理由があると言ったりもする。
テーセウス王の死後、王とフェードルの間に出来た息子アカマースの庇護をイポリットに嘆願するため、愛を装ったというのだ。

しかし、一人の息子(un fils)という言葉が、フェードルを裏切ることになる。
イポリットも義理の関係ではあるが、彼女の息子なのだ。
そのために、息子のためと言いながら、いつの間にか義理の息子であるイポリットへと対象が変わってしまう。

フェードルの言葉の混乱は、彼女の心の混乱をそのまま反映している。

Venge-toi, / punis-moi // d’un odieux amour :
Digne fils du héros // qui t’a donné le jour,
Délivre l’univers // d’un monstre qui t’irrite.
La veuve de Thésée // ose aimer Hippolyte !
Crois-moi, / ce monstre affreux // ne doit point t’échapper ;
Voilà mon cœur / : c’est là // que ta main doit frapper.
Impatient déjà // d’expier son offense,
Au-devant de ton bras // je le sens qui s’avance.
Frappe / : ou si tu le crois // indigne de tes coups,
Si ta haine m’envie // un supplice si doux,
Ou si d’un sang trop vil // ta main serait trempée,
Au défaut de ton bras // prête-moi ton épée ;
Donne. /

        Œ ŒNONE

    Que faites-vous, // madame ! Justes dieux !
Mais on vient : / évitez // des témoins odieux !
Venez, / rentrez ;/ fuyez // une honte certaine.

復讐して。私を罰して。おぞましい愛で。
あなたに命を与えた英雄に相応しい息子よ、
この世界から、あなたを苛立たせる怪物を取り除いて。
テーセウスを失った妻は、イポリットを愛しています!
私を信じるのです。ぞっとする怪物は、あなたから逃れられません。
ここが私の心臓が。ここを、あなたの手で打って。
この心臓は、自分の罪を償いたくてうずうずし、
あなたの腕の前に進み出ているのを、私は感じています。
打って。でも、もし、この心臓が、何度も叩くに値しないと思うのなら、
もし、あなたの憎しみが、もっと穏やかな罰を望むのなら、
もし、あまりにも賤しい血で、その手が浸されると思うのなら、
腕の代わりに、あなたの剣を貸して。
よこして。

        エノーヌ

     何をなさるのです、奥様、正しき裁きをする神様たち!
人がやってきます。おぞましい証人たちを避けてください!
来てください。戻ってください。逃れてください。でなければ、必ず恥ずかしいことになります。

フェードルは、自分のことを怪物(monstre)と呼び、怪物をこの世から取り除いてくれとイポリットに要求する。
その怪物は、夫の死を利用して、義理の息子に愛を告白するような罪(offense)を犯しているのだ。
そして、その罪を償う(expier)ために、イポリットの前に心臓(cœur)を差し出す。

もちろん、心臓とは心のことであり、イポリットがフェードルを罰する(punir)ために心臓を打つことは、彼女の愛に応えることにつながる。
フェードルは憎しみを煽り、復讐をさせる(venge-toi)ように見せかけながら、愛を得ようとしているのである。

そして、イポリットがその気配を見せず、むしろ逃げ腰な態度でいるのを見て、剣を渡すように命じる(prête-moi ton épée)。

その剣で自分の胸を刺せば、ヴィーナスの復讐は終わり、フェードルは自分の意志で運命に打ち克つことになる。

しかし、運命がそこで終わるようには定められていない。
フェードルの乳母エノーヌが二人の間に割って入り、フェードルにその場から身を隠すよう促す。

このようにして、第2幕第5場において、フェードルは、運命と理性の間を揺れ動き、激しい情念に彩られながら、もう一方では理性による反動を繰り返す。
そこから浮かび上がるのは、自分を超えた力と必死に戦う、一人の弱い人間の姿。フェードルは、自分の弱さを自覚しているからこそ、必死に情念に抗い、運命の力に抵抗しようとする。
読者あるいは観客は、そこに美を見出し、心を動かされることになる。

物語の展開の中で、フェードルが手にした剣は、イポリットを死に追いやる道具として用いられる。運命はフェードルの意図とは逆に、愛する人の死を準備するのだ。
最後になると、イポリットを偽りによって死に導いたフェードルは、後悔し、テーセウス王に全てを告白した後、毒薬を飲み自害する。彼女は、最後に、運命ではなく、自分の意志で死を選んだのだった。

こうした悲劇の展開に対して、全ては運命によって決まっていると考えるジャンセニストの立場からは、運命に抵抗するフェードルの姿を肯定することはできなかったと考えられる。
それに対して、自由意志を重視する立場から見ると、フェードルは運命に負け、情念にひきずられる人間であり、彼女の振るまいを評価はできなかっただろう。
どちらの立場からの見方も可能だし、私たちは自分の気質や知識に応じて、自由に解釈することが許されている。

その一方で、ラシーヌの詩句の美しさ、とりわけ6/6を基本としたリズムの流れや、繊細な人間の心理を12音節の詩句の中で対比的に表現する鮮やかさ等は、誰の目にも、耳にも、素晴らしいものと感じられる。

『フェードル(Phèdre)』は、17世紀フランス演劇の最高傑作の一つであり、21世紀になってからも、ラシーヌが書いた詩句のままで上演されるのも当然だろう。


『フェードル(Phèdre)』全体の説明については、以下の解説を参照。

日本でも2017年に、大竹しのぶ主演で『』の上演が行われた。

フランスでの上演全体もyoutubeにアップされている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中