恋に落ちる時 When I fall in love

「恋に落ちる時(When I fall in love)」は、1952年、映画「One Minute to Zero」のためにヴィクター・ヤングが作曲し、エドワード・ヘイマンが詞を付けた曲。
最初にヒットしたのは、同じ年にドリス・デイが歌ったもの。

When I fall in love
It will be forever
Or I’ll never fall in love

In a restless world like this is
Love is ended before it’s begun
And too many moonlight kisses
Seem to cool in the warmth of the sun

When I give my heart
It will be completely
Or I’ll never give my heart

And the moment I can feel that
You feel that way too
Is when I fall in love with you
https://genius.com/Doris-day-when-i-fall-in-love-lyrics

その後、ナット・キング・コールが歌い、ジャズのスタンダードにもなった。彼の歌声は、いつ聞いても、本当に甘い。

When I fall in loveはとてもロマンチックな曲なので、ジャズで取り上げられる時も、大部分の演奏では原曲の雰囲気がそのまま保たれている。その上で、それぞれの演奏者の個性が発揮される。

個人的に一番好きなのは、キース・ジャレットのStill live(1986 at the Philharmonic Hall)の演奏。ただ、youtubeにないので、同じ1986年、東京(at Hitomi Memorial Hall)でのliveで聴いてみよう。
エネルギッシュでありながら、抒情的。キースのピアノ、ゲーリー・ピーコックのベース、ジャック・ディジョネットのドラムス、それぞれが独立しながら、調和している。

マイルス・デイヴィスの1956年の演奏は、リリカルな演奏の極地といえるほど美しい。ミュートを付けたマイルスのトランペットの音色はいつ聞いても胸を打つ。レッド・ガーランドのピアノ、ポール・チェンバースのベース、ィリー・ジョー・ジョーンズのドラムスも素晴らしい。

1960年代に入り、ジャズは大衆の娯楽から芸術を目指すようになったと考えることもできるだろう。酒を飲みながら気楽に聞ける音楽から、音楽と真正面から向かい合い、コンサート会場で音を立てないようにして聞く音楽へ。その動きを先導したのがマイルス・デイビス。
1967年のWhen I fall in loveの演奏はその流れの中にあり、1956年の演奏との違いは大きい。

同じ曲をこれほど違う演奏にできてしまうのも、ジャズの特色の一つ。好き嫌いは別にして、こうした違いを聞くのも楽しい。

1967年のマイルス・グループの後でビル・エヴァンスのピアノを聞くと、リリカルな美が際立つように感じる。

エヴァンスを現代に移すと、ブラッド・メルドーに至るといえるかもしれない。

ジャズを離れ、イタリアのテノール歌手アンドレア・ボチェッリが、ドイツの女性歌手ヘレーネ・フィッシャーとデュエットで歌ったWhen I fall in loveを聴いてみよう。トランペットはクリス・ボッティ。