ルノワール イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像 モデルと絵画の数奇な運命

ルノワールの「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像」は素晴らしく美しい。
この絵画のモデルとなった女性を映像で見ることができるだけではなく、彼女がこの絵を好きでなかったこと、彼女が結婚したカモンド家のこと、子供たちのこと、ナチスに奪われた絵が戦争の後彼女の元に戻されたこと、そして、その絵を彼女が売ってしまったことなど、本当に色々なことがわかる番組。

Mise au ban, cachée puis spoliée durant la Seconde Guerre mondiale, «La Petite Fille au ruban bleu», peinte par Auguste Renoir en 1880, livre ses secrets et ceux de son modèle Irène Cahen d’Anvers. La toile est intimement liée aux heures les plus sombres de la France de la première moitié du XXe siècle. Bientôt exposée à la Kunsthaus à Zürich, le chef-d’oeuvre fait partie des pièces maîtresses de la Collection Emile Bürhle, une collection exceptionnelle mais très controversée. L’exposition de ce tableau de Renoir mondialement reconnu fait encore aujourd’hui ressurgir les fantômes du passé et révèle l’histoire qui se cache derrière.

カモンド家は、ユダヤ系の裕福な銀行家の一族で、その館は現在では、ニシム・ド・カモンド美術館になっています。 パリにあるモンソー公園のすぐ横に建てられたその邸宅は、19世紀末の大ブルジョワの個人邸宅の雰囲気をそのままに残し、モイズ・ド・カモンド伯爵(1860-1935)が収集した趣味のいい美術品が数多く展示されています。
https://bohemegalante.com/2019/03/01/musee-nissim-de-camondo/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中