コロナウイルスのデータを客観的に提示する

コロナウイルスに関して、感染者の数だけが一人歩きすると思われる状況も見られる。フランスでは、ギヨーム・ロジエ(Guillaume Rozier)というエンジニアが、Covid Trackerというサイトを立ち上げたおかげで、誰でもすぐに客観的なデータで状況を確認することができる。
https://covidtracker.fr/covidtracker-world/

2021年1月12日のQuotidienでは、ギヨーム・ロジエのインタヴューがあり、フランスでも役所がデータを出したがらない現状が語られる。その一方で、オミクロンに関する客観的なデータをグラフの形で見ることができる。

Jeudi, les enseignants seront dans les rues pour protester contre le protocole sanitaire mis en place dans les établissements scolaires. Mais ils ne sont pas les seuls à critiquer la politique du ministre de l’Éducation, Jean-Michel Blanquer. Guillaume Rozier, fondateur de Covid Tracker, outil devenu indispensable au suivi de l’épidémie de Covid en France, utilisé aussi bien par les particuliers que par les médecins et même les membres du gouvernement, en fait partie. Pour cause, depuis plus d’un an, pour affiner ses statistiques, Guillaume Rozier réclame au gouvernement les chiffres des écoles. En vain.

続きを読む

パリ コンコルド広場のオベリスク Obélisque de la Concorde à Paris

コンコルド広場のオベリスクに新たな装飾が施されている機会に、オベリスクの歴史やそれにまつわるエピソードを紹介している。

Tout ce que vous ignoriez sur l’Obélisque de la Concorde

Avant d’accueillir les JO de 2024, la place de la Concorde offre un petit coup de jeune à son célèbre obélisque. L’édifice, offert par l’Égypte en 1830, est actuellement en cours de rénovation, l’occasion pour Ambre Chalumeau de nous en dire un peu plus sur ce monument que tout le monde connaît, mais dont personne, à part Stéphane Bern peut-être, ne sait rien.

Ultracrépidarianisme (信頼に足る知識がないにもかかわらず、自分の意見を主張すること) 「私は医師ではないけれど、でも・・・」

コロナの流行以来、フランスでも、専門家ではない人々が、メディアで、「私は医師ではないけれど、しかし・・・。」と言いながら、自分の意見を大きな声で主張する傾向がしばしば見られる。
そうした現象をフランス語では、Ultracrépidarianismeと言うらしい。

ces experts autoproclamés du Covid portent un nom

« Je ne suis pas médecin, mais… » : cette phrase, on l’entend partout à longueur de journée depuis le début de la pandémie. Sur les chaînes d’infos, les réseaux sociaux, au travail et même en famille. En revanche, le phénomène semble avoir fait son temps dans les discours politiques.
En 2020, au tout début de la pandémie, chacun y allait de son avis, avec plus ou moins de succès. C’est peut-être ça qui les a poussés à à l’humilité.

続きを読む

ボードレール 人工楽園 Baudelaire Paradis artificiels 主観と客観の一体化

ボードレールの『人工楽園』は、人を酔わせる物質、ワイン、ハシッシュ、アヘンによる幻覚作用が心身に及ぼす効果について詳細に描いているのだが、その中心にあるには、「私」という主体が、対象となる客体と一体化する経験だといえる。

私たちでも、ある機会に何かに没頭して、我を忘れる時がある。その時には、「私」が何かをしているという意識もないし、対象となるものに対する意識もない。それは忘我の状態であり、時間意識も空間意識もなく、その状態が終わった後で、夢中になっていたとか、あっという間だったとか思い返し、最高に幸せな体験として感じることになる。

酒や麻薬は、忘我とはいえないが、意識が飛んで自分を失った状態を、物質によって人工的に作り出す可能性がある。ボードレールにとっての最高の手段は「詩(ポエジー)」であるが、薬物の作用を分析することは、最高の「酔い」である「恍惚(エクスターズ)」を理解する助けだったと考えていいだろう。

「私」と「客体」が一つになると感じられる体験に関して、『人工楽園』の中では、二つの箇所で触れられている。

続きを読む