イーロン・マスクのTwitter買収がもたらす可能性

イーロン・マスクがツイッターを買収することになったというニュースが話題になっている。
マスクが「言論の自由は民主主義が機能する礎石であり、ツイッターは人類の未来に不可欠な事柄が議論されるデジタルの広場」と主張する一方、アムネスティー・インターナショナルは、「ツイッターが、利用者を守るために設計された利用規約や仕組みの徹底を損なう方向へ進むのではないか」と懸念の声を上げている。

他方で、イーロン・マスクは、人間にチップを埋め込み、コンピューターから操作するといったテクニックの開発にも取り組んでいることは、日本ではあまり語られていないように見える。
もしtwitterと人間の脳に組み込まれたチップが連動すれば、どのような結果がもたらされるのだろうか?

À quel point les GAFAM sont-ils dangereux pour nos démocraties ?

C’est officiel, le milliardaire Elon Musk a racheté le réseau social Twitter.
L’info pourrait paraître anecdotique, elle est au contraire majeure parce qu’elle pose la question du respect des libertés et des démocraties : à quel point les géants du numériques représentent-ils un risque ?

En 2022, Google, Amazon, Facebook, Appel, Microsoft et le petit dernier Twitter dominent la diffusion de l’information et de la communication politique. Comment s’assurer qu’ils continueront à respecter les lois et les règles démocratiques ?
Elon Musk, par exemple, est libertarien : il est opposé à toute contraire gouvernementale. Il est aussi le patron de plusieurs entreprises de pointe et en contrôlant Twitter, il pourrait élargir son influence auprès des politiques.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中