「千と千尋の神隠し」 水と生きる力の物語

ある日、一人の人間が何の手掛かりもないまま、突然いなくなってしまう。それを単に失踪と見做すのであれば、現実的な出来事である。しかし、あまりの不思議さのために、神の仕業ではないかと考えれば、神隠しになる。

「千と千尋の神隠し」の主人公である千尋は、両親と一緒に引っ越す先の家に向かう途中、異次元の空間に入り込む。その空間は、神々が身を休めるお湯屋であり、非現実の世界。現実的な視点から見たら、千尋たち一家は神隠しにあったように見えるだろう。

両親の車の中でだだをこねていた千尋は、「油屋」で働く許可を得るとき、湯婆婆から名前を奪われ、「千」という名前を与えられる。

千の援助者であるハクも自分の本当の名前を忘れている。そして、竜の鱗が取れ人間の姿に戻るとき、ニギハヤミコハクヌシという名前を思い出す。

本当の名前のテーマは、宮崎監督が高く評価する『ゲド戦記』の中心的なテーマである。アースシーでは、全てのものが密かに真の名前を持っている。その名前を知れば、誰でも相手を自由に操ることができる。

「千と千尋の神隠し」では、本来の名前を奪い、新しい名前を与える行為は、湯屋の主、湯婆婆の絶対的な支配力を示している。

千は、こうした力を持った魔女と対峙し、援助者たちの助けを借り、試練を乗り越えて、最後は千尋という名前を取り戻す。

こうした展開は、「欠如—試練—充足」という三段階で構成される昔話の基本構造と対応している。

「千と千尋の神隠し」 水と生きる力の物語」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中