ネルヴァルの名刺(表面) 「エル・デスディシャド(不幸者)」  Gérard de Nerval « El Desdichado »

ジェラール・ド・ネルヴァルの「エル・デスディシャド(不幸者)」と題されたソネットを最初に公にしたのは、アレクサンドル・デュマだった。
彼は、1853年12月10日付けの「銃士」という新聞の中で、ネルヴァルに関してかなり茶化した紹介文を書いた。

数ヶ月前から精神病院に入っている詩人は、魅力的で立派な男だが、仕事が忙しくなると、想像力が活発に働き過ぎ、理性を追い出してしまう。麻薬を飲んでワープした人たちと同じように、頭の中が夢と幻覚で一杯になり、アラビアンナイトのような空想的で荒唐無稽な物語を語り出す。そして、物語の主人公たちと次々に一体化し、ある時は自分を狂人だと思い、別の時には幻想的な国の案内人だと思い込んだりする。メランコリーがミューズとなり、心を引き裂く詩を綴ることもある。

この記事が出たとき、ネルヴァルは精神に異状をきたし、入院していた。デュマの文は、ネルヴァルの狂気を面白可笑しく読者に伝えているという風にも読むことが出来る。
デュマは、狂気の証明としてであるかのように、一つのソネット「エル・デスディシャド」を引用する。それは、ネルヴァルが数日前に事務所を訪れた際、名詞代わりに残していったものだという。

デュマは書いていないが、ネルヴァルはその時、もう一つのソネットも残していったようである。しかし、その詩があまりにも不可解であるため、新聞に掲載されることはなかった。その詩「アルテミス」は、ネルヴァルにとっては名刺の裏側だったのではないか。

「エル・デスディシャド」と「アルテミス」は、1枚の名刺の表と裏。そうした仮説に従って、最初に表側に記された詩を読んでいく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中