ハウルの動く城 歩くことと家族の形成

「ハウルの動く城」は、公開時から人気を博し、観客動員数では「千と千尋の神隠し」に続いて2位になった。その一方で、批評はかなり厳しく、「ストーリー、とくに後半のストーリーがわかりにくい」、「盛り上がりに欠ける」、「分からないからつまらない」など、映画の評価としては過去最低だった。

確かに、見ていると楽しいけれど、映画全体を通して何を言いたいのかわからない。ストーリーを思い出すのが難しいほどだし、たくさんの謎がある。
ソフィーがおばあさんになったり、若返ったりする理由。
城の扉にある四色のボードと外の空間の関係。戦いの意味。
ハウルは誰と戦い、何のために戦っているのか。
なぜ城が動くのか。等々。

そうした中で一貫しているのは、「歩く」というテーマだろう。歩くことが、ハウルとソフィーの恋愛を成就させ、全ての混乱を収束させる力になる。

恋愛から(疑似)家族の形成へ

「ハウルの動く城」の最も基本的な物語は、ソフィーとハウルの恋愛を中心にしている。そして、最後になると家族が形成される。

その愛が達成される過程で、恋愛の三角関係が導入されることに注目しよう。

まず、ソフィー、ハウル、荒れ地の魔女の三角関係。

魔女は常にハウルの心臓を得ようとしている。心臓、つまりハートとは、愛のこと。
魔女は老婆になってからでさえ城の心臓といえるカルシファーを奪い取りる。
しかし、最後はその心臓をソフィーに返す。

もう一つは、ハウル、ソフィー、かかしのカブの三角関係。

カブは、時にはソフィーの援助者となり、彼女を助ける。しかし、最後までソフィーから愛されることはない。
結末では、隣国の王子の姿に戻り、自分の国に戻るように、告げられれる。

ここで注意したいことは、恋愛は第三者を排除すること。三角関係の中で、一人は排除される。

その反対に、家族愛は排外的ではなく、第三者を受け入れ、より強固になる可能性もある。

「ハウルの動く城」が普通の恋愛物語と違うのは、ソフィーとハウルが結ばれると同時に、愛による疑似家族集団(三世代家族)ができあがる過程が描かれていることにある。

荒れ地の魔女(おばあさん)
ソフィーとハウル(夫婦)
マルクル(子ども)
犬のヒン(ペット)
カルシファー(守り神)
この疑似家族は、血縁関係ではなく、愛によって結びついている。

血の繋がりのないこの疑似家族は、ソフィー本来の家族とは対照的な集団になっている。
血の繋がった家族の側を見ていくと、父は既になく、義理の母はソフィーをかわいがろうともしない。物語の後半では、サリマンの使いとなり、ソフィーを騙したりもする。
妹のレティーはカフェの人気者で、少しは姉のことを心配しているようでもあるが、「本当に帽子屋なんてやりないの?」と問い詰めたりする。
ここには血縁(義理も含め)による繋がりはあっても、温かい人間関係はない。

かかしのカブに関して言えば、疑似家族に含まれてもいい。しかし、彼は隣の国の王子に姿に戻った後も、やはりソフィーを愛している。そのために、恋愛の三角関係が残り、家族集団の中に入ることはできない。

結局、「ハウルの動く城」の最も基本的な展開は、ソフィーとハウルの恋愛をベースにしながら、愛による疑似家族が形成される物語だと考えられる。

ちなみに、疑似家族の問題は、2018年のカンヌ映画祭で最高賞であるパルムドールを受賞した、是枝裕和監督の『万引き家族』でも扱われている。
https://bohemegalante.com/2019/06/11/manbiki-kazoku-parole-realite/

動く城とハウル

ハウルの城とは何だろう。

城は確かな目的もなく、荒れ地を移動する。動力はカルシファー。内部はちらかり放題で、ソフィーは掃除婦として住み込む。

まず注目したいのは、動力のカルシファー。

火の悪魔は、ハウルとの契約によって暖炉に縛り付けられ、動力源として働かされている。
カルシファーは、契約を解き、自由になりたいと、しばしば口にする。

その契約の謎は、物語の後半で明らかにされる。
ハウルが子どものころ、流星にとらえ、彼はそれを呑み込んだ。すると、心臓がハウルの胸から出てしまう。それが、ハウルとカルシファーの契約の瞬間。
アニメの中ではっきりとは描かれていないが、燃える心臓をカルシファーが包み込んでいる。あるいは、カルシファーはハウルの心臓だと考えることもできる。

このように考えると、ハウルの心臓は肉体から分離し、外部化されていることがわかってくる。

その関係は、城とカルシファーの関係と対応している。動く城は、心を失ったハウルの混乱した状態を具現化しているのだ。

ハウル             城
身体(美少年の外観)      建物 複雑化した肉体(アイデンティティ)心(カルシファー)       動力(カルシファー) 

次に、城の出入り口について考えてみよう。
ドアには4色の円盤がかかっていて、異なった空間につながっている。


緑 ー 荒れ地 (星の湖を含む)
赤 ー 首都キングズベリー
青 ー 港町 
黒 ー ハウルしか知らない謎の空間

王宮でサリマンと対決した後、ハウルは魔法によって引っ越しをする。その時、円盤の色も手直しされる。

黄 ー ソフィーの住んでいた町 (室内にも部屋が一つ増え、ソフィーの帽子屋の仕事部屋ができる。)
緑 ー ハウルの隠れ家(水車小屋のある秘密の花園)

こうした多次元空間の中で、ハウルは別の名前を持っている
首都キングズベリーでは、ペンドラゴン。
港町では、ジェンキンス。
それ以外の場所では、ハウル。

なぜ一つの空間に止まることなく、いくつもの名前を持っているのだろう。
アニメの中では、「自由に生きるのに必要なだけの名前」を持っている、と説明される。

その言葉には二つの意味があるだろう。
一つは、一カ所に固定されず、時と場合に応じて違う自分である自由。
もう一つは、恐ろしい敵(荒れ地の魔女、サリマン)から逃げるための自由。

逃げるという点は、動く城の内部と関係がある。
スタイリッシュで、美しくなければ生きている意味がないと叫ぶハウルだが、実は臆病で、荒れ地の魔女から逃げるためにいろいろな物をためこみ、家の中がゴミ屋敷のようになっている。

サリマンからの呼び出しのときも、恐くて行けないので、ソフィーに代わりに行ってくれと頼む。
ソフィーへの愛の自覚が生まれ、守る者ができたから戦うと言う前のハウルは、外見ばかりにとらわれ、逃げているばかりいる存在。
時には黒い色の空間に飛び立って戦うが、何のためなのかわからない。

このように考えると、複数の名前、多次元空間、城の内部の混乱には共通点があることがわかってくる。それらのことは、ハウルが逃げてばかりいる弱い存在であることを示している。

ソフィーの変身

「ハウルの動く城」の原作、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの『魔法使いハウルと火の悪魔』で中で、老婆の姿に変えられたソフィーが、時々若い姿に戻ることはない。ふとした瞬間に若い姿に変身するのは、宮崎監督の創作である。

ソフィーの姿の変化の理由はどこにあるのだろう。
荒地の魔女に呪いをかけられたとき、ソフィーは自分で呪いの解き方を発見しなければならないと言われた。としたら、若い姿は呪いが解けた時だということになる。言い換えれば、魔女から自由になる瞬間。

ハウルは、自由になるためにたくさんの名前を使い分ける。その際、回転盤の色によって、行き先が異なる空間で違う名前になる。従って、彼に関する変化は意識的な操作によっている。
それに対して、ソフィーの変身は無意識的に行われる。眠っているときだったり、サリマンの前だったり、彼女の心の状態によって姿が変わる。
二人の違いは、ハウルの変身が意識的な行為により、ソフィーの変身は無意識的に行われるというところにある。

最後にソフィーは元の姿に戻るのだが、呪いの解き方を自分で発見するというエピソードは存在しない。物語の進展に従って、呪いは自然に解けるように見える。

ソフィーが意図的にしたことは何かと言えば、自分の行動の選択である。実際、ソフィーは様々な役割をこなす。
城の掃除婦として、部屋の中を整理する。
母親として、サリマンと対決する。
城の保護者として、カルシファーを暖炉から引き離する。その結果、城はばらばらになるが、一枚の板として残る。

城が1枚の板になったことは、ハウルの混沌とした状態をすっきりさせることにつながる。彼は単純化あるいは一元化され、弱い存在ではなくなる。
その時に心を取り戻したハウルは「体が重い」と言う。それに対して、ソフィーも、「心って重いの。」と応える。
ここにはもう混乱も、多次元の空間も、多様な名前もない。逃げる必要もなくなり、多次元の空間も、複数の名前も、変身も必要なくなる。

歩くこと

「ハウルの動く城」の中では、「歩くこと」と「飛ぶこと」が対立している。

宮崎監督は飛行機が好きなこともあり、ジブリ・アニメでは飛行が開放感を表現することがよくある。

ハウルが飛ぶのは、闇の空間に入ったときで、そこで彼は常に敵と戦っている。しかし、敵が誰で、何のために戦っているのかわからない。心を失っているハウルが空中を飛ぶのは、意味のない戦いのためなのだ。

ソフィーとの愛を確認した後のハウルは、「ようやく守らなければならない者ができたんだ。君だ。」と言う。しかし、この時でさえ、敵がサリマンなのか、隣の国なのかはっきりしない。誰と、何のために戦っているのかわからない。

それに対して、歩くことには、2つの意味がある。

まず、心を外部化したハウルの分身である城。この城は足を持ち、荒れ地を歩き回る。そして、最後には転げるように走り、分解してしまう。

これに対して、ソフィーと、彼女に心を寄せるときのハウルの歩行は、二人の愛を実現させ、疑似家族を形成する大切な動きになる。


出会った最初、追っ手に負われた二人は空に飛び上がり、カフェのテラスへと向かう。その時、二人は「同じ方向」に向かって空中を歩く。
この場面は、アニメの冒頭に置かれ、強い印象を残す。

次に歩くのは、魔女によって老婆に変えられたソフィーが、家を出、荒れ地に向かって山を登るシーン。この時、ソフィーは人から見られないところに行くという、逃げる気持ちしか持っていない。しかし、苦労して歩いたおかげで、ハウルの城に行き着くことができる。

城の中で、ソフィーは内部を掃除する。そのために、おまじないの力が弱くなり、パニックに陥ったハウルは、緑色のねばねばで体を覆われてしまう。
ソフィーはそんな状態のハウルを背負って階段を登りながら、弱いハウルに向かい、「歩いて」と励ます。

その後、ソフィーはハウルの代わりに、サリマンに会いに王宮に向かう。
老婆のソフィーと荒れ地の魔女が王宮前の広場を歩き、階段を登るシーンは、宮崎監督がもっとも力を入れて描いた場面だという。
二人はいがみ合いながら階段を登る。その時、競争するようでありながら、並んで、「同じ方向」に向かって歩く。
荒れ地の魔女がソフィーたちの疑似家族の一員となる最初のきっかけが、「同じ方向」に歩く行為である。

歩く最後のシーンは、秘密の庭で敵に攻撃され、逃げるソフィーに向かって、ハウルが「走れ、足を動かせ。」とソフィーに促すところ。
この時のハウルは、ソフィーへの愛を確信し、守る者ができたから戦うんだという、強い人間になっている。

このように「ハウルの動く城」の中にはたくさんの歩くシーンがあり、多くの場合、同じ方向に向かって歩く。その積み重ねを通して、愛によって結ばれた家族集団が形成される。

ソフィーは最初、妹のレティーから、「本当に帽子屋をやりたいの」と問い詰められてもはっきりと答えられない、優柔不断な少女だった。しかし、老婆になり、家を出て、山道を歩いた後では、自分の意志で掃除婦となることを決める。そして、ハウルから誰がそんなことを決めたんだと言われても、自分が決めたとはっきりと答えることができるようになっている。

荒れ地の魔女は、いつも籠に乗っていて、ほとんど歩くことはできない。しかし、王宮の前では、籠から降り、ソフィーと並んで歩く。このことが、ハウルのハートを求める二人のライヴァルを近づけ、荒れ地の魔女がソフィーたちの「おばあちゃん」になることを可能にした。

ハウルが空中を歩くときには、必ずソフィーの横で、同じ方向を向いている。これは、二人の愛の実現へ向けての動きに違いない。

このように考えたとき、「歩くこと」は「ハウルの動く城」の推進力になっていることが理解できる。同じ方向に歩くことで、愛が実現し、愛による家族ができあがるのだ。

最後の場面では、ハウルの城が復元され、空を飛んでいく。
城の庭は、ソフィーが最初に幸福を感じた、星の海の草原の一部のようにも見える。ここでは、飛ぶことが戦いではなくなり、三世代家族の幸せな暮らしを象徴している。

歩くことと飛ぶことの対立が解消し、「動く城」 が飛ぶシーンで終わる。そのことは、何と戦っているのかもわからず、怪物の姿で血まみれになっていたハウルが、自由で平和に飛ぶようになったことを暗示しているとも考えられる。

ハウルの動く城 歩くことと家族の形成」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。