ハウルの動く城 歩くことと家族の形成

「ハウルの動く城」は、公開時から人気を博し、観客動員数では「千と千尋の神隠し」に続いて2位になった。その一方で、批評はかなり厳しく、「ストーリー、とくに後半のストーリーがわかりにくい」、「盛り上がりに欠ける」、「分からないからつまらない」など、映画の評価としては過去最低だった。

確かに、見ていると楽しいけれど、映画全体を通して何を言いたいのかわからない。ストーリーを思い出すのが難しいほどだし、たくさんの謎がある。
ソフィーがおばあさんになったり、若返ったりする理由。
城の扉にある四色のボードと外の空間の関係。戦いの意味。
ハウルは誰と戦い、何のために戦っているのか。
なぜ城が動くのか。等々。

そうした中で一貫しているのは、「歩く」というテーマだろう。歩くことが、ハウルとソフィーの恋愛を成就させ、全ての混乱を収束させる力になる。

恋愛から(疑似)家族の形成へ

「ハウルの動く城」の最も基本的な物語は、ソフィーとハウルの恋愛を中心にしている。そして、最後になると家族が形成される。

その愛が達成される過程で、恋愛の三角関係が導入されることに注目しよう。

まず、ソフィー、ハウル、荒れ地の魔女の三角関係。

魔女は常にハウルの心臓を得ようとしている。心臓、つまりハートとは、愛のこと。
魔女は老婆になってからでさえ城の心臓といえるカルシファーを奪い取りる。
しかし、最後はその心臓をソフィーに返す。

もう一つは、ハウル、ソフィー、かかしのカブの三角関係。

カブは、時にはソフィーの援助者となり、彼女を助ける。しかし、最後までソフィーから愛されることはない。
結末では、隣国の王子の姿に戻り、自分の国に戻るように、告げられれる。

ここで注意したいことは、恋愛は第三者を排除すること。三角関係の中で、一人は排除される。

その反対に、家族愛は排外的ではなく、第三者を受け入れ、より強固になる可能性もある。

「ハウルの動く城」が普通の恋愛物語と違うのは、ソフィーとハウルが結ばれると同時に、愛による疑似家族集団(三世代家族)ができあがる過程が描かれていることにある。

荒れ地の魔女(おばあさん)
ソフィーとハウル(夫婦)
マルクル(子ども)
犬のヒン(ペット)
カルシファー(守り神)
この疑似家族は、血縁関係ではなく、愛によって結びついている。

血の繋がりのないこの疑似家族は、ソフィー本来の家族とは対照的な集団になっている。
血の繋がった家族の側を見ていくと、父は既になく、義理の母はソフィーをかわいがろうともしない。物語の後半では、サリマンの使いとなり、ソフィーを騙したりもする。
妹のレティーはカフェの人気者で、少しは姉のことを心配しているようでもあるが、「本当に帽子屋なんてやりないの?」と問い詰めたりする。
ここには血縁(義理も含め)による繋がりはあっても、温かい人間関係はない。

かかしのカブに関して言えば、疑似家族に含まれてもいい。しかし、彼は隣の国の王子に姿に戻った後も、やはりソフィーを愛している。そのために、恋愛の三角関係が残り、家族集団の中に入ることはできない。

結局、「ハウルの動く城」の最も基本的な展開は、ソフィーとハウルの恋愛をベースにしながら、愛による疑似家族が形成される物語だと考えられる。

ハウルの動く城 歩くことと家族の形成」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中