芸術のために

芸術の種類

芸術にはどんなものがあるか、思い出しておこう。

映画を第七の芸術と呼ぶことがある。
(1)建築、(2)彫刻、(3)絵画、(4)音楽)、(5)ポエジー(詩、文学)
これらは、物質的な側面の強いものから精神的な側面が強いものへという順番に従って、ヘーゲルが列挙したものである。
(6)ダンス(舞踏)、(7)映画

これら以外にも、芸術、アートに属すると考えられるものはまだまだある。
(8)演劇、(9)写真、(10)ファッション、(11)食文化、(12)デジタル・アート。
フランスであれば、(13)バンド・デシネがアートと考えられることもある。

芸術の目的

芸術作品は、人間の持つ様々な機能に訴えかけてくる。

(1)五感 ー 視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚
(2)感情、情動
(3)直感 
(4)知性

こうした機能を通して、芸術は人間に「真実」や「美」を伝えることを目的としてきた。

パルテノン神殿

黄金比率に則って建造されたと言われることもあるパルテノン神殿は、完璧な均整を持ち、調和の取れた美の典型とされている。
プラトン的「真ー善ー美」という表現に従えば、パルテノン神殿は、人間に黄金比率という「真実」を教え、「善きもの」であり、美の典型でもある。

古代ギリシアから続くこうした伝統は、ヨーロッパ芸術の中で、長い間保たれてきた。

ダヴィンチ「ウィトルウィウス的人体図
ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」
ダヴィッド「レカミエ夫人の肖像」

19世紀の半ば以降、「美」のみを芸術の目的だと主張する芸術家たちが現れた。「美」は有益であってはならず、何かの役に立つものは「美」ではない。
こうした主張の代表者が、「芸術のための芸術」を掲げたテオフィル・ゴーティエや、『悪の華』の詩人シャルル・ボードレールである。

それ以来、普遍的な美ではなく、独創的な美も受け入れられるようになり、20世紀、21世紀の芸術の主流となっている。

セザンヌ「モデルヌ・オランピア」
ロイ・リキテンスタイン「頭」
バンクシー 「バスルームの窓からぶら下がる裸の男」

私たちはこうした作品に触れることで、感覚や情感、直感、知性に働きかけを受け、感覚や感情がより繊細になり、良質なものを見分ける直感が働き、真実を見抜く知性が磨かれる可能性がある。

芸術のために」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中