ネルヴァル 「黄金詩篇」  ピタゴラスと共に Nerval, « Vers dorés », avec Pythagore

ネルヴァルの「黄金詩篇」は、エピグラフにピタゴラスの詩句とされる言葉を挙げ、ピタゴラス教団の教えを唱えるお題目のような雰囲気を持っている。

ピタゴラスという名前を聞くと、ピタゴラスの定理を思いだし、数学者だと思うかもしれない。三角形の底辺の2乗は、他の2辺の2乗の和に等しいという、誰もが知る定理。

しかし、ピタゴラスは、万物は全て数で成り立つと唱えた古代ギリシアの哲学者で、秘儀的な宗教教団の中心人物でもあった。その教団は、ピタゴラス派と呼ばれる。
「黄金詩篇」はその教団の信条を詩句にしたもの。

ネルヴァルは、最初にこの詩を発表した時、「古代の思想(« Pensée antique »)」という題名を与えていた。この「古代」は「近代」と対立し、人間の思考の二つの型を連想させる。一方は合理的思考。もう一方は理性的理解を超えた思考。

Vers dorés

Eh quoi ! tout est sensible !
Pythagore


Homme, libre penseur ! te crois-tu seul pensant
Dans ce monde où la vie éclate en toute chose ?
Des forces que tu tiens ta liberté dispose,
Mais de tous tes conseils l’univers est absent.

黄金詩篇

             何! 全てのものが感じている!
                         ピタゴラス

人間よ、自由思想家よ! お前一人が思考していると思っているのか、
この世界、全てのものの中で、生命が輝いているというのに。
お前が手にする自由を、思うがままに使うがいい。
しかし、お前のどのような忠告も、宇宙には存在しない。

ピタゴラスの「黄金詩篇」には、「全てのものが感じている」という言葉はなく、18世紀の著述家、クロード・ドゥリール・ド・サル(1741−1816)の『自然哲学について』から取られた。
そのことは、ネルヴァルが、ソクラテス以前の自然哲学者たちを参照しながら、18世紀の自然に関する思索から直接影響を受けていることを示している。

18世紀フランスは、啓蒙の時代。百科全書に代表される普遍的な知識の光で、無知な闇を照らし、理性に基づいた思考によって、人間の生活に進歩をもたらそうとした。

詩の冒頭でネルヴァルが呼びかける人間、自由思想家は、神や教会の権威から自由になろうとした啓蒙思想家を指す。
ある者は、創造主としての神は認めるが、世界が創られた後からの神の介入は否定する理神論者。ある者は、唯物論を押し進め、人間機械論にまで行き着いた。
いずれにせよ、宗教的な権威から自由になり、理性の光で神秘の闇を照らし出そうとした。

そうした自由思想家は、物に命が宿ることなど絶対に認めない。生命と非生命の分割線は彼等にとっては自明のことだった。

ネルヴァルは、彼等に対して、自分だけが考えていると思っているのかと、嫌みを投げかける。思想家は考える人。としたら、こんな皮肉はないだろう。
考える自由を行使することは許すが、しかし、人間を超えた宇宙では、自由思想家の考えなど相手にされないと宣告する。
なぜなら、全てのものには生命が宿り、感覚を持ち、感じているからだ。

全てに命があるという感覚は、ヨーロッパ人にとってはなかなか受け入れられないだろう。
他方、日本的な感性だと、その考えはすとんと納得できる。
万葉集の時代から、私たちは、木々や草花、鳥や月に感情を託し、歌にしてきた。それは擬人法ではなく、人間と自然との共感を前提にしている。

ネルヴァルの自然観、全てに生命を感じる感性は、ヨーロッパの合理主義と対立し、日本的な自然観と親和性がある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中