ヴェルレーヌ 「月の光」 Verlaine « Clair de lune » ロココ的世界から印象へ

ヴェルレーヌの詩は音楽性が豊かだが、それと同時に絵画的表現にも富んでいる。

Antoine Watteau, Le Pèlerinage à l’île de Cythère

詩集『雅な宴』(Fêtes galantes, 1869)は、ロココ絵画の創始者であるアントワーヌ・ヴァトーが描いた優美な世界を再現し、その中で恋の始まりから終わりまでを描いている。

その詩集の冒頭を飾るのが「月の光 Clair de lune」。
優雅でありながらもの悲しく、美しい衣裳の下に決して明かせぬ本心を隠す、宮廷生活の雰囲気を見事に伝えている。

しかし、絵画的世界はいつの間にか音楽の世界へとつながり、ヴェルレーヌの世界に引き込まれてしまう。

詩を読む前に、まずドビュシーの「月の光」を聴いてみたい。ピアノではなく、あえてギターで。
この曲は、ヴェルレーヌの詩からインスピレーションを受けて作曲されたという説もある。それほど、ヴェルレーヌの詩句の雰囲気と見事に一致している。

Clair de lune

Votre âme est un paysage choisi
Que vont charmant masques et bergamasques
Jouant du luth et dansant et quasi
Tristes sous leurs déguisements fantasques.

月の光

あなたの魂は、選び抜かれた風景、
仮面も、ベルガモの曲や踊りも魅力的、
リュートを弾き、踊り、ほとんど
悲しげ、気まぐれな仮装の下で。

魂と風景を結びつけるは、人間の内面と外の世界を重ね合わせることであり、風景が心の状態(état d’âme)を表すというロマン主義的な思考に由来する。
しかし、ロマン主義とは異なり、心情の吐露を詩の中心に置くのではなく、外の世界を描いていく。
その時にモデルにするのが、アントワーヌ・ヴァトーの絵画。

19世紀前半、ロココという言葉は、趣味が悪いという意味で用いられ、ヴァトーの絵も忘れられていた。
世紀の半ばから18世紀絵画に対する見直しがあり、その過程でヴァトーも再評価の対象になる。
ヴェルレーヌはそうした流れの中で、現実を忠実に再現するレアリスム絵画ではなく、優美で夢幻的な世界を舞台にすることにしたのだろう。

Antoine Watteau, Watteau, fêtes vénitiennes

2行目に出てくるベルガマスク(Bergamasque)には様々な解釈が提案されているが、次の点だけ抑えて置こう。
最基本となるのは、イタリアのベルガモ地方と関係していること。
19世紀後半を代表するリトレ辞典では、音楽用語であり、18世紀に行われたダンスやダンス用の曲を意味すると定義されている。

ベルガマスクの前に仮面(Masque)とあり、心象風景の宴が仮面舞踏会であることを思わせる。
ベルガモとの関係を考え、ヴァトーやヴェルレーヌも興味を持っていたことを考え合わせると、その仮面は、イタリアのコメディア・デラルテを連想させる。

リュートを弾き、ダンスを踊る貴族たち。

Antoine Watteau, La Gamme d’Amour
Antoine Watteau, La Camargo dansant

彼等がコメディア・デラルテの仮装をしているとしたら、その姿は気まぐれ(fantasque)に感じられただろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中