ボードレール 夕べの諧調 Baudelaire « Harmonie du soir »

Eugène Boudin, Étude de ciel sur le bassin du commerce

「夕べの諧調」は、ボードレールの韻文詩の中で、最も美しく魅力的な詩の一つ。

一つ一つの言葉、言葉と言葉の繋がりが、音の点でも、意味の点でも、円やかなハーモニー(Harmonie)を奏で、私たちを恍惚とした美の世界へと導いてくれる。

詩の形態は、東南アジアのマレー半島で使用されたパントゥーム(pantoum)。一つの詩節から次の詩節へと、同じ詩句が次々に引き継がれ、戻ってくる。同じものの反復は、めまい、眩暈を惹き起こす。

音と意味の繋がりは、韻によって明確に示される。
女性韻 ige に関連する言葉は、揺れと固定、めまいとその跡を意味する。
男性韻 oirに関連する言葉は、宗教的な雰囲気をかき立てる。

女性韻:tige(枝)、vertige(めまい)、afflige(苦しめる)、se fige(固まる)、vestige(跡)。

男性韻:encensoir(振り香炉)、soir(夕べ)、reposoir(祭壇), noir(黒), ostensoir(聖体顕示台)。

宗教的な雰囲気は、振り香炉、祭壇、聖体顕示台の映像を見ると、実感できるだろう。

encensoir
reposir
ostensoir

「夕べの調和」は、« voici venir »(今、来ようとしている。)から始まる。
ここですでに、vの音で子音の重複(アリテラシオン)があり、iの音で母音の重複(アソナンス)がある。
詩の言葉の音楽性が表現され、ハーモニーが奏でられ始める。

Voici venir les temps où vibrant sur sa tige
Chaque fleur s’évapore ainsi qu’un encensoir ;
Les sons et les parfums tournent dans l’air du soir ;
Valse mélancolique et langoureux vertige !

今まさに時が来ようとしている。その時、枝の上で震える
花が、消え去っていく、振り香炉のように。
音と香りが、夕べの空で旋回する。
憂鬱なワルツ、そして、物憂いめまい!

舞踏会でワルツを踊り、何度も何度もクルクルと回る。美しいドレス、様々な香水の香り、優雅な音楽、それらが踊る人々を包み込み、めまいを起こさせる。そんな時、全てが旋回し、ものの形もはっきりとしなくなり、恍惚の中で我を忘れる。

ベルリオーズの「幻想交響曲」第2楽章「舞踏会」から、その雰囲気を感じることことができるだろう。

この時、枝の上で震えている花も、その形を失い、煙になって消えてしまうように感じられる。

花は、詩の隠喩でもある。そして、詩も音楽となり、香りを発散し、読者を包み込む。
vで始まった詩句は、igeで終わる。
その音が、第1詩節(venir … tige)から、第4詩節(valse… vertige)で反復される。
枝(tige)がワルツを踊り、眩暈(vertige)を引き起こす。

その間に、花(fleur)が蒸発する(s’évaporer)。
その際には、蒸発の中にvの音が響くだけではなく、sの音が、encensoir, sons, soirの中で繰り返される。

花もfとlの音として発散する。
parfumの音にはfが薫る。
lは、valse, mélancolie, langoureuxへと拡散し、詩句の音を滑らかにする。

こうして、音と香りに満ちた夕べのハーモニーが、眩暈(vertige)を引き起こし、読者を忘我(extase)へと導く。

ボードレール 夕べの諧調 Baudelaire « Harmonie du soir »」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中