「となりのトトロ」 夢だけど夢じゃない世界 トトロのいる自然

「となりのトトロ」は、ジブリ作品の中で最も平和で、戦うシーンは一つもなく、何も特別な事件は起こらない。

父と二人の娘が田舎の一軒家に引っ越してきて、入院している母の帰りを待ちわびているだけの物語。

唯一大きな出来事は、4歳の妹が、遠くにある病院にトウモロコシを届けたくて、迷子になってしまうことだけ。

映画の大半は、トトロというお化けとの出会いを空想するメイとさつき姉妹の日常生活の描写に費やされる。

そんな単純で単調なはずのアニメのどこに、これほど観客を虜にする魅力があるのだろうか。

物語の基本構造

昔話には基本となる構造がある。

「欠如→試練→充足」

主人公には何か欠けたものがあり、それを充足させるために今までいた場所を離れ、新しい場所で試練を受ける。
その中で様々な体験をし、援助者の助けを借りながら試練を乗り越え、最終的に充足に到達する。

「となりのトトロ」には波瀾万丈の出来事がなく、宮崎監督自身、あまり物語性がないと言っている。では、物語の基本構造がまったくないのかと言えば、そんなことはない。

1)「欠如」
「トトロ」の場合、「欠如」は母親の存在。
彼女は病院にいて、二人の女の子はお父さんと一緒に過ごすことになる。

2)「試練」
主人公の「試練」は、それまでいた場所を離れて、新しい場所に移動して受けるのだが、「トトロ」では、引っ越しの場面から始まることで示される。
新しく住むことになる家と、それを取り囲む自然が、試練の場。
引っ越しの直後、メイとさつきはその家のことをお化け屋敷と呼び、隣に住む少年カンタも同じように言う。その家は、お化けあるいは妖怪が住む異界に属しているのだということが、暗示されている。

その異界にはトトロという異次元の存在がいる。
トトロはお化けであり、クスノキのうろの中にいる森の精であり、自然の結晶。さらには究極的な異次元の存在である神だとも考えられる。

普通、物語の面白さは、様々な試練が設定され、それを主人公がどのように乗り越えるかというところにかかっている。異界はおどろおどろしい怪物たちとの戦いの場になる。

実は、メイが草のトンネルを通ってトトロと出会う場面は、メイが神隠しに遭ったように見ることができる。
その場合には、メイが病院にトウモロコシを届けようとして迷子になる部分と対応する。
それらは一連の試練と見做されうる。

しかし、トトロを中心として展開するファンタジーの世界は、ほのぼのとしていて、穏やかで、戦いがない。
トトロは異界の存在だが、人に安心を与えてくれる。
「日本の神様は笑っている。気候みたいに厳しいときもあるが、基本的にはお日様ニコニコ。」
「トトロが存在しているだけで2人は救われる。」
こうした宮崎監督の言葉から、異界の生物との出会いが、戦いではなく、むしろ安心につながることがわかる。
それが、 トトロの試練が試練らしくない理由である。

宮崎監督は、「となりのトトロ」の目指すものは、幸せで心温まる映画、楽しい、清々した心で家路をたどれる映画だと言う。
悪人も戦いもない世界で、トトロのような全てを受け入れてくれる温かなおばけと出会うこと、それが「トトロ」の試練なのだ。
誰が見ても安心でき、楽しい気持ちになれる秘密がここにある。

3)「充足」
「充足」に関しては、最後に病院で母親に届けたトウモロコシによって示される。ここで、最初に欠けていた母と子どもたちが繋がることになる。

そして、エンド・ロールで、タクシーから降りる母の姿が描かれる。
この場面で、母の欠如が充足されることが、最後の最後に示されている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中