マラルメ YXのソネ 「純粋なその爪が・・・」  Mallarmé, Sonnet en YX  « Ses purs ongles … » マラルメの詩法(1/2)

マラルメの詩は難しくて、何を意味しているのかわからないことが多くある。
その一方で、声に出して読むと、大変に美しい。

この特色は、一つの視点から見ると、日本の書道に似ている。
しばしば書いてある文字が何を意味しているのか分からない。
しかし、文字の映像としては、とても美しい。

西本願寺本三十六人家集、源重之集

例えば、平安時代に流行した和歌集冊子「西本願寺本三十六人家集、源重之集」の一部を見てみよう。
四季の草花や風景を繊細に描いた文様を施された料紙に、仮名文字で和歌が綴れている。

えだわかぬ はるにあへども むもれ木は
もえもまさらで としへぬるかな

現代の私たちはこの仮名文字をほぼ読むことができないが、とても美しいと感じる。意味でははく、文字の造形性が、美を生み出している。

マラルメの詩句では、文字の映像ではなく、音楽性が美を生み出す主要な要素として機能する。

こうした美のあり方を前提にして、マラルメが自己の詩法を表現したと見做される、YX(イクス)のソネ「純粋なその爪が」の読解にトライしてみよう。

一般的に、言葉は意味を伝えるための道具、つまりコミュニケーション・ツールだと考えられる。その際に重要なのは、言葉の内容、つまり意味であり、どのように言うかよりも、何を言うかが問題になる。

しかし、言葉には、別の側面もある。意味が内容だとすると、文字や音声という表現の部分。言葉の造形的な美は文字表現によるし、音楽的な美は音声表現に関わる。

日常会話では、意味を伝えることが中心に考えられ、映像や音声は意味が伝われば忘れられてしまうし、それほど注意を引くことはない。
しかし、実際には、「どのように」伝えるかということが、「何を」伝えるかに深くかかわっている。伝え方で、言葉の内容に真実味があるかないか判断していることはよくある。

文学、とりわけ詩においては、意味と表現のバランスは重要であり、フランスでは散文でも声に出して読み、善し悪しを判断する。言葉の響きや音楽性が、意味と同様に重視される。
何を言うかという内容と同様に、言葉の響きの美しさが、詩の価値を判断する上で、重要な要素となる。

詩の美しさは、言葉の音の連なりが生み出す音楽性に多くを負っている。
普通の言語使用時には、意味を伝えることに重きが置かれ、表現は等閑にされる。
マラルメはその傾向を強く意識した上で、詩句の意味を伝わり難くし、表現面に注意を向けさせた。

意味は理性を中心にした知的な作用によって理解される。
19世紀後半にはそうした知的理解の限界を見通し、直感による事物の把握を推進する動きが強まった。その直感を刺激するのは音楽。
ボードレールも、ヴェルレーヌも、ランボーも、マラルメも、詩の音楽性を重視したのは、そのためである。

マラルメの特色は、知的な意味の理解を妨げるために、フランス語の文章の構文にまで踏み込み、非文法的な詩句を綴ったことにある。
言葉の錬金術を叫んだランボーでさえ、理解を妨げるのは言葉と言葉の意味の繋がりであり、構文を破壊することはなかった。一人マラルメだけが、構文に手を付けた。
そのために、彼の詩は、誰の詩句にもまして、理解が困難なものになっている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中