マラルメ 「蒼穹」 Mallarmé « L’Azur » 初期マラルメの詩法

マラルメの詩は難しい。それは日本人の読者にとってだけではなく、フランス人にとっても同じこと。なぜこんなに「難解(obscur)」なのだろう。

日本では本来の難解さに、別の問題が加わった。
マラルメ紹介の初期、東大教授だった鈴木信太郎が中心的な役割を果たした。彼の訳文は難しい漢字のオンパレードで、普通の読者には理解不可能なものだった。
その上、マラルメの詩が、言語の根底を問い直す哲学的な側面を持っているため、逆に読者は「難解さ」に安住する傾向が出来上がってしまった。わからなくて当たり前という風潮。分からないものをありがたがるインテリの読者。。。

その一方で、音楽性は顧みられず、マラルメの詩を声に出して読むことは冒瀆と考えられる時代があったという。詩の音楽性が重要であることは、マラルメ自身が強く主張している。音声軽視は、日本のマラルメ受容にとって大変に不幸なことだった。

初期のマラルメが自らの詩法を展開した「蒼穹(L’Azur)」を読み、彼が詩をどのように捉えていたのか見ていくことにしよう。

「蒼穹」は、1行12音節、1詩節は4行。九つの詩節で構成されている。

第1詩節ではボードレールの詩学を踏まえ、第2詩節ではマラルメの独自性に言及される。
第3詩節から第5詩節では、第2詩節の内容が具体化される。
第6詩節と第7詩節では、詩から遠く離れた状態が示される。
第8,第9詩節では、再び詩が甦り、結論が提示される。

L’Azur

De l’éternel Azur la sereine ironie
Accable, belle indolemment comme les fleurs,
Le poëte impuissant qui maudit son génie
À travers un désert stérile de Douleurs.

蒼穹

永遠の蒼穹の、平穏な皮肉が
圧倒する、花々のように無頓着に美しく、
無力な詩人を。自らの才能を呪いながら、
苦悩に満ち不毛な砂漠をゆく詩人を。

この第1詩節では、ボードレールの詩学がマラルメ的に表現されている。

ボードレールの詩が目指すのは、ただ「美」のみ。
その美は詩人の方を振り向こうとはせず、詩人は絶望的に美への憧れを抱く。
その決して到達できない美への思いが、苦悩と甘美を生み、詩人はメランコリーの中で、永遠の敗北者として美を求め続ける。
散文詩「芸術家の告白」は、ボードレールの詩と美に対する信仰告白である。
https://bohemegalante.com/2019/02/20/baudelairle-confiteor-de-lartiste/

ボードレール的な美の根源となる「無限」や「空と海の広大さ」を、マラルメはL’Azur(蒼穹)と表現する。
そこは決して到達できない美の在り処であり、憧れであるとともに、苦悩の源でもある。
「皮肉」はその矛盾の表現であり、美は詩人に関心を払うことなく無頓着。詩人がどんなに苦悩に苦しんでも、何も生み出さない不毛の地を歩むようなもの。
詩人は無能であり、才能を呪うことしかできない。
こうした詩句で、マラルメは、彼の詩学がボードレールの詩学から発していることを明示する。

ボードレールは、フランスにおけるエドガー・ポーの紹介者であり、マラルメも、ポーの「詩の原理」を取り入れていた。
1)詩は、インスピレーションの賜物ではなく、数学的な構築物。
2)詩の目的は「効果」を生み出すこと。
3)効果を生み出すためには、一回で読み切ることができる長さであること。
4)効果とは、読者を高揚させ、恍惚の中に導くこと。

詩が数学的な構築物であるためには、最初の言葉を記す時から、すでに最後の言葉まで見通している必要がある。
マラルメはそのことに意識的であり、冒頭の「永遠の蒼穹」が、詩を締めくくるリフレイン「蒼穹、蒼穹、蒼穹、蒼穹」として戻ってくる。

1864年1月、友人のアンリ・カザリスに送った手紙の中で、彼は200回も自分の詩句を読み直し、「不協和音もなく、愛らしいけれど気を散らす装飾音もなく、詩全体の効果が生み出された」ことを確信している、と書いている。
数学的論理の下で創作された詩。その最初と最後に現れる「蒼穹」という単語は、ポー的「詩の原理」のエンブレムとして機能している。

詩の構成の面には自信のあるマラルメだが、もう一つの側面、美学的な側面に関しては自問している。「蒼穹」の詩句に美の反映が見られるのかどうか、と。

マラルメ 「蒼穹」 Mallarmé « L’Azur » 初期マラルメの詩法」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中