マラルメ 「それ自身の寓意的ソネ」 Mallarmé « Sonnet allégorique de lui-même » マラルメの詩法(2/2)

1887年に出版された「純粋なその爪が」(«Ses purs ongles»)には、それ以前に書かれた原形の存在が知られている。
1868年7月、友人のアンリ・カザリスに宛てて送られた、「それ自身の寓意的ソネ」(« Sonnet allégorique de lui-même »)である。

実際、二つの詩の間では共通の単語が用いられ、構文が類似している詩句もある。しかし、その一方で、違いも大きい。
マラルメの初期の時代の詩法を知り、後期の詩法との違いを知ることは、19世紀後半のフランス詩全体の動きを知る上でも興味深い。

幸い、1867年の詩に関しては、マラルメのいくつかの証言が残されている。それに基づきながら、彼が何を考え、どのように表現したのか、探っていこう。

マラルメの証言

1)ixの韻のソネ
1868年5月にウージェーヌ・ルフェビュールに宛てた手紙の中で、マラルメは次のように語っている。

ハンモックに揺られ、オリーブの木にインスピレーションを受けながら、ixの韻を持つソネを書くことができる。
ただし、ixで可能な韻は3つしかない。そこで、ptyxという言葉を生み出した。
そんな単語はどの国の言葉にもないと思うし、自分としては「韻の魔術」によって発明したと思いたい。

2)銅版画(エッチング)を喚起するための詩
68年頃、ルメール書店による銅版画と詩を組み合わせた詩・版画集の企画があり、マラルメはカザリスに依頼されて、「それ自身の寓意的ソネ」を書いた。
そのカザリス宛の手紙の中で、次のような告白をしている。

この詩はあまり造形的ではない。しかし、可能な限り白黒で、「夢」と「空無」に満ちた銅版画には向くと思える。

3)意味の欠如
同じ手紙の中では、意味に関する言及もある。

この詩は、「言葉(Parole)」の研究から抜き出した。
そして、もし詩に意味があるとしたら、言葉自体に内在する錯覚作用によって喚起される。
しかし、意味がなくてもいい。というのも、この詩は十分にポエジー(詩性)を含んでいるように思えるからである。そこで、何度も口に出して読んでみると、難解だけれど神秘的な(cabalistique)感覚を感じる。

4)自己を映し出す詩

この詩は、「無であるソネ sonnet nul」であり、様々な方法で自分自身を映し出す se réfléchissant de toutes les façons。

5)完璧な構築物

この詩の中で、「宇宙 l’Univers」に対して持つ印象が完璧に階層化され、表現されている。そのために、どんな要素も取り去ることはできない。

マラルメは、カザリスにこうしたことを書いた理由として、この詩が変わっている(bizarrerie)という非難を受けないためとしている。
その言葉は、彼自身が、「それ自身の寓意的ソネ」の特異性を意識していたことを示している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中