マラルメ 「苦い休息にうんざり(・・・)」 Mallarmé « Las de l’amer repos [..] » 新しい芸術と日本

ポール・クローデルが、優れた日本文学論「日本文学散歩(Une promenade à travers la littérature japonaise)」の冒頭で、2つのフランス詩を、極東精神の精髄を感知するための序曲として引用している。

一つがステファン・マラルメの「苦い休息にうんざり(・・・)」。
もう一つがポール・ヴェルレーヌの「カエルのように重く、鳥のように軽い(Lourd comme un crapaud, léger comme un oiseau)」。
https://bohemegalante.com/2019/08/28/verlaine-ourd-comme-un-crapaud-leger-comme-un-oiseau/

ここでは、マラルメの「苦い休息にうんざり」を読んでみよう。
この詩は最初1866年に『高踏派詩集(Le Parnasse contempoarin)』に出版され、それまでの詩から、彼が目指す新しい詩への転換点を示していた。

クローデルは、その新しい詩を宣言する詩句だけを引用し、東洋精神、日本文学の序章として相応しいと考えた。
従って、19世紀後半のフランス詩と東洋的精神の間に何らかに関係を読み取ることもできるだろう。

最初の10行では、それまでの詩が否定される。

Las de l’amer repos où ma paresse offense
Une gloire pour qui jadis j’ai fui l’enfance
Adorable des bois de roses sous l’azur
Naturel, et plus las sept fois du pacte dur
De creuser par veillée une fosse nouvelle
Dans le terrain avare et froid de ma cervelle,
Fossoyeur sans pitié pour la stérilité,
— Que dire à cette Aurore, ô Rêves, visité
Par les roses, quand, peur de ses roses livides,
Le vaste cimetière unira les trous vides ? —

苦い休息にうんざりだ。私の倦怠が栄光を傷つける。
その栄光のために、かつて私は、幼年期を逃れたのだった、
自然な蒼穹の下にある、愛すべき、バラの茂みの幼年期を。
今やその七倍もうんざりだ、あの断固とした契約に。
夜を徹し、新しい穴を掘る契約、
私の脳髄という、冷たく貪欲な地面に、
情け容赦なく、不毛を目指して穴を掘る男として。
—— おお、夢たちよ、あの「曙」に、私は何と言えばいいのか?
バラたちが私を訪れる時には、鈍色のバラを恐れ、
巨大な墓地が、空虚な穴と穴を結び付けていくだろう。 ——

1860年代後半、多くの詩人たちはボードレールの影響下にあり、マラルメもその一人だった。
彼等にとって、詩作は苦悩と結びつき、夜を徹して、自己の脳髄を掘り続ける、墓堀り人の仕事に等しかった。

マラルメは、「苦い休息にうんざり」の最初に、子ども時代を自然な蒼穹の時代とし、バラの茂みに満ちた、黄金時代のように見做している。
その時代に、子どもの詩人は、栄光を目指し、虚しい時間を過ごした。

成長した詩人は、今、何も書けない、不毛の苦悩の中で、何もしないことにうんざりしていると告白する。子ども時代の7倍もうんざりしている、と。(v. 4.)

彼は夜を徹して、脳髄の墓堀をしているのだ。
そして、夜が明けるとき、曙に何と言おうか考えている。
朝になれば、掘られた墓穴は埋められ、そこからバラの花が咲くことはないだろう。なぜらな、その花は鉛色であり、美しいバラが咲くことはないのだから。

マラルメは、こうした言葉で、現状の詩のあり方を批判した。

マラルメ 「苦い休息にうんざり(・・・)」 Mallarmé « Las de l’amer repos [..] » 新しい芸術と日本」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中