ヴェルレーヌ 「カエルのように重く、鳥のように軽い」 Verlaine « Lourd comme un crapaud léger comme un oiseau » 日本の芸術を見るヴェルレーヌの目

ポール・クローデルは、優れた日本文学論「日本文学散歩(Une promenade à travers la littérature japonaise)」の冒頭で、2つのフランス詩を、極東精神の精髄を感知するための序曲として引用している。

一つがステファン・マラルメの「苦い休息にうんざり(Las de l’amer repos)」。
https://bohemegalante.com/2019/08/27/mallarme-las-de-lamer-repos/
もう一つがポール・ヴェルレーヌの「カエルのように重く、鳥のように軽い(Lourd comme un crapaud, léger comme un oiseau)」。

この二つの詩を比較して、クローデルは、マラルメの詩は古典的で完璧な手さばきを示している一方、ヴェルレーヌは走り書きで、より大きな自由が感じられると言う。

「カエルのように重く、鳥のように軽い」では、奇数の音節が詩句から重さを取り除いている。奇数の音節と軽さは、「詩法」の中でヴェルレーヌ自身によって主張されていた。
https://bohemegalante.com/2019/06/16/verlaine-art-poetique/
その上で、最後の詩句が17音節と特別に長く、それが詩人のサインの役目を果たしていると、クローデルは考える。

ヴェルレーヌは、ジャポニスムの中心人物であるエドモンド・ド・ゴンクールに、「カエルのように重く、鳥のように軽い」を捧げている。

19世紀後半、フランスでは、18世紀芸術の再発見と浮世絵を中心とした日本美術の発見が行われた。
ジュールとエドモンの兄弟は、その二つの流れをどちらも推進し、当時の芸術観に大きな影響を与えた。

1870年のジュールの死後は、エドモンが一人で執筆活動を行い、1891年には歌麿紹介の本、96年には『北斎と18世紀日本の芸術』を出版している。

À Edmond de Goncourt

Lourd comme un crapaud, léger comme un oiseau,
Exquis et hideux, l’art japonais effraie
Mes yeux de Français dès l’enfance acquis au
Beau jeu de la Ligne en l’air clair qui l’égaie.

蛙のように重く、鳥のように軽く、
繊細でおぞましい日本の芸術は、恐れさせる、
フランス人の私の目を。その目は、子どもの時から
「線」の美しい動きに馴染んでいる、線を楽しげにする明るい空気の中で。

ヴェルレーヌにとって、日本の芸術には2つの側面があった。
一つは軽々として繊細。もう一つは、重々しく、ぞっとする。
この詩の中では、その2つを鳥と蛙で象徴している。

そして、そうした日本の芸術が、フランスの芸術、とりわけ絵画に小さい頃から親しんでいるヴェルレーヌの目を恐れさせるという。

ヨーロッパの絵画の伝統の中では、遠近法に基づいた三次元の構図が構成され、人や物の形が輪郭線によって描き出されることが、基本とされていた。

Leonardo da vinci ultima-cena

こうした絵画に慣れている目にとっては、日本の絵画は不思議に見えたに違いない。

源氏物語絵巻 関屋 秋九月

19世紀後半のフランスでは、北斎漫画がよく知られていて、ヴェルレーヌも見ていた可能性がある。

こうした絵を見ながら、ヴェルレーヌは、受け入れられる部分と受け入れられない部分を感じ、それを蛙の重さと鳥の軽さという比喩で表現した。

ヴェルレーヌ 「カエルのように重く、鳥のように軽い」 Verlaine « Lourd comme un crapaud léger comme un oiseau » 日本の芸術を見るヴェルレーヌの目」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中