ラ・フォンテーヌ 「セミとアリ」 La Cigale et la Fourmi 『寓話集』への招待 Invitation aux Fables de la Fontaine

17世紀後半の作家ラ・フォンテーヌは、イソップの寓話をルイ14世が支配する宮廷社会の時代精神に合わせて書き直した。

1668年に出版された彼の『寓話集』は、六つの書に分けられ、それぞれの巻の最初には寓話というジャンルを説明する話が配置されている。
その中でも、「セミとアリ」は、「第一の書」の冒頭に置かれ、『寓話集』全体の扉としての役割を果たしている。

「セミとアリ」は、日本では「アリとキリギリス」という題名で知られている。
夏の間、キリギリスは歌を歌い、働かない。冬になり、夏働いていたアリに食べ物を分けてくれるように頼むが、もらうことができず死んでしまう。
このような話を通して、勤勉に働くことや将来を見通すことの大切さ等が、教訓として読み取られる。

ラ・フォンテーヌは、その物語の骨格に基づきながら、自分風に変えていく。

最初に、「セミとアリ」全体を読んでみよう。

セミは、歌っていた。
夏の間、ずっと。
そして、蓄えが底をついた。
北風が吹いてきたというのに。
ハエやみみずの
小さなひとかけらさえ、なかった。
そこで、食べものが何もないと訴えに、
隣のアリの家に行き、
貸してくれるように頼んだ。
ちょっとの穀物があれば、
新しい季節が来るまで、生き延びられる、と。
「必ずお支払いします、
穫り入れ前までに。生き物同士の誓いです。
利子も元金もお返しします。」
アリは貸したがらない。
この性格は、アリの中では一番小さな欠点。
「暑いとき、何していたの?」
アリは、借りに来た虫に言う。
「夜も昼も、誰が来ても
歌ってました。お気にさわったら、ごめんなさい。」
「歌ってた! そりゃうれしいこと。
じゃ、今度は踊りなさい。」

フランス語は以下のサイトを参照。
http://www.la-fontaine-ch-thierry.net/cigale.htm

この話は、なんとなく知っているイソップの話とはどこか違っている。
虫たちの会話は微妙な人間関係を思わせる。
その上、利子や元金等という言葉が使われ、とてもリアルである。
また、教訓がはっきりと書かれていないので、アリの態度をどのように考えるのか、予め決められていないように感じる。

こうした印象をはっきりさせるために、イッソプ寓話の翻訳の一つを読んでみることにしよう。

「蟻とセンチコガネ」

夏の盛り、蟻が畑を歩きまわって、冬の食料を溜めこむために、小麦や大麦を集めていた。センチコガネはこれを見て、他の動物が仕事を止めてのんびりしている時に汗水流すとは、何ともしんどいことだと驚いた。
蟻はこの時は黙っていたが、やがて冬になると、餌になる糞も雨に流され、飢えたセンチコガネが、食料を分けてもらおうと蟻のところにやって来た。それに対して蟻の言うには、
「センチコガネ君、私が汗水流すのをとやかく言ってくれたが、君もあの時苦労をしていたなら、今餌に困ることはなかったろうに」
このように、ふんだんにある間に将来に備えない者は、時勢が変ればひどい不幸に見舞われるのだ。
(中務哲朗訳『イソップ寓話集』岩波文庫、1999年、p. 102。)

岩波文庫に収められたこの寓話も、私たちが一般に思い描いている話とどこか違っている。その中でも一番大きいのは、センチコガネ虫が夏の間に歌ばかり歌っていると、どこにも出てこないこと。
その一方で、寓話の最後に教訓が置かれ、この話がどのような教えを説いているのかはっきりと示されている。物語の中でも、二匹の虫の善悪がはっきりとわかるように描かれ、教訓が説得力のあるものとなっている。

このように、一つの寓話でも、語り手によって様々な変形を加えら、印象がずいぶんと違うことを確認することができる。

では、ラ・フォンテーヌの寓話の特色や面白さは、どのような点にあるのだろうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中