フランス語の詩を読むために

せっかくフランス語を勉強したら、フランス語の詩の美しさを味わいたいと思うのが、自然な流れだろう。
そこで大切になることが、詩法に関する知識。
フランス語の韻文詩は明確な規則に従って作られてきたので、規則を知ることが理解の基礎になる。

1)詩とはどのようなものか ー 音楽性、絵画性
2)韻文の形式 ー 音節数、韻(音節数、男性/女性、韻の連続)
3)音楽性 ー リズム、音色
4)音、リズムと意味の関係

1)詩とは

(1)音楽性

詩を散文と区別する大きな要素は、音楽性。
言葉のリズムや音色が意味に匹敵する役割を果たす。

(2)絵画性 ut pictura poeisis

古代ローマの詩人ホラティウスの言葉「詩は絵画のように。」(ut pictura poeisis)
絵画に時間を加えると詩になり、詩から時間を取り去ると絵画になるという考え方。
(散文と比較して)詩の方が(美しい)イメージに富んでいると考えられていることを示す。

ただし、18世紀ドイツの文学者レッシングはこの考え方に反対して、論争を行った。
レッシングは、絵画や彫刻を空間芸術とし、文学や芝居といった時間芸術と区別することを主張。絵画と詩の並行関係を否定した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中