アルルのゴッホ Gogh à Arles 黄色の画家

1888年2月、ゴッホはパリを離れ、アルルで活動を始める。
同じ年の10月下旬にはゴーギャンが合流し、画家の共同体の夢が実現するかのように思われる。しかし、二人の画家の関係はすぐに悪化し、12月23日、ゴッホが自分の左耳をそぎ落とすという事件が勃発、共同生活は終わりを迎える。
ゴーギャンはパリに戻り、ゴッホはアルル市立病院に収容される。

1889年1月、ゴッホは退院を許されるが、2月下旬になると住民たちがゴッホの存在を恐れ、彼の立ち退きを求める請願書を提出した。そのために、再びアルル市立病院に入院させられ、5月初めまで留まることを余儀なくされる。

この15ヶ月ほどの間に、ゴッホは風景画、肖像画、静物画を数多く描き、彼の絵画を特徴付ける「黄色の世界」に到達した。

日本の夢

ゴッホがアルルに着いたのは、1888年2月。その時には雪が積もっていたが、彼はその風景を見て、日本の雪景色を思い描く。

薄紫の山を背景にして、ブドウ畑の素晴らしい赤土の広がり。雪のように輝く空を覆う山の頂を望むここの雪景色は、日本人の描いた雪景色そっくりだ。

ゴッホが思い描くのは、「タンギー爺さん」の背景に置かれ、出典がまだ判明していない浮世絵の雪景色だろうか。

Vincent van Gogh, Le Père Tanguy, détail

アルルに着いて最初に描いたのは、実際、雪の風景である。

Vincent van Gogh, Paysage dans la neige

ゴッホにとって、アルルは、ミストラルと呼ばれる強い風さえ吹かなければ、日本のように麗しい地に感じられた。少なくとも最初の間は。

パリで彼が習得した明るい色彩は、確かに印象派から学んだものだった。しかし、ゴッホにとって、それは本質的なことではなかった。
印象派が目指したものは、「視覚上の革新」だった。他方、ゴッホの求めるものは、対象が人物であろうと、自然であろうと、静物であろうと、その「実在性」であり、「生の動き」を捕らえることだった。
そのために彼がアルルで開拓しようとしているのが、「色の単純化」。単純化こそが、物に大きな様式を与え、物の実在性を表現することを可能にする。

色の単純化のためのモデルとなったのが、日本の浮世絵だった。

絵具屋で売っている「黒」と「白」をパレットに大胆に置いて、そのまま使おうと思うのだ、と僕が言うのは、日本風の色の単純化について言っているのだ。バラ色の小径のある緑の公園で、新聞を読んでいる黒い服を着た裁判所の判事を、僕が見ているとする。彼と公園の上に広がる空は、単純なコバルト色だ。この判事を単純な黒灰色で描き、新聞紙を単純な生の白で描いてはどうしていけないのか。日本人は、反射を考えず、平板な色を次々に並べ、色と形とを捕らえる独特の線を出している。(中略)日本人たちは、娘の艶のない青白い肌と黒い髪のコントラストを、驚くほど巧みに表現している。しかも、1枚の白い紙に、筆を4度使っただけで。

ゴッホはピエール・ロチの『お菊さん』を読み、日本への夢を膨らませたと言われているが、そうした夢想の結果は、「ラ・ムスメ」として表現されてもいる。

Vincent van Gogh, La Mousmé

もちろん、実際の肖像画では、単純な白と黒だけで描くことはない。
髪と眉毛は黒く、肌は薄い茶色と白っぽい肌色。白と黒のコントラストがベース。上着とスカートは、補色であるブルーとオレンジが使われる。
ゴッホによれば、「南国や地中海の空は、青の調子が強ければ強いほど、土地の色はオレンジ色になる。」少女は日本の娘であると同時に、南フランス・アルルの少女でもある。

左手に持っているのは、キョウチクトウ。
その花は、「キョウチクトウと本のある静物」にも描かれている。

Vincent van Gogh, Vase with Oleanders and Books

横にある本は、エミール・ゾラの『生きる歓び』。ゴッホは「闇の中に光を射す本」として、愛読していたと言われている。
そのことからも、キョウチクトウを持つ娘が、平穏な心や幸福感を伝えていることが感じられる。

ゴーギャンをアルルに迎えるために描いた自画像は、日本の僧侶を思わせる。
弟のテオに、自分を日本人に似せるため、目の端を少し吊り上げて描いた、と書いているところからも、日本人の顔に似せることを意識していたことは明かである。

それと同時に、ゴッホは、自分の持つ二重性を意識していた。その二重性とは、画家であると同時に僧侶でもあること。彼は言う。「ぼくは感情が興奮すると、永遠性とか永遠の生活という考えに誘われる。どっちにせよ、ぼくの神経は警戒を要する。」

Vincent van Gogh, Self-Portrait (Dedicated to Paul Gauguin)

背景は、「娘」と同じように、単色で塗りつぶされている。ただし、頭の上の塗り方は、丸い円の動きが見られ、キリスト教の聖人の頭の上に描かれる後光(nimbe)がひっそりと書き込まれていると見なすこともできる。
ゴッホには、オランダ時代の伝道師の魂が常に生き続け、共同生活の中で、人の為になることを希求していた。

ゴッホの日本への傾倒を確認すると、アルルに着いた初期の頃に描いた「アルルの跳ね橋」は、日本の橋の形からの連想のようにも思える。

500Vincent van Gogh, The Bridge of Langlois at Arles with laundresses

モネが描いた睡蓮の庭園の原形とも言われる 歌川広重の「名所江戸百景 亀戸天神境内」。ゴッホは、ラングロワ橋を見て、こうした浮世絵の構図を思い描いたのかもしれない。

250歌川広重、亀戸天神境内

もう一歩進めば、オランダ時代から熱愛するミレーの「種まく人」に、浮世絵の構図を組み込むことにもなる。

ミレーの「種まく人」と、ゴッホの模写。

この絵画の前景に、ゴッホは巨大な木を配置する。

Vincent van Gogh, Sower at Sunset

画面の前面に巨大な木を配する構図は、ヨーロッパの絵画の伝統にはない。他方、日本の浮世絵では稀ではない。
パリ時代のゴッホは、歌川広重の「亀戸梅屋舗」を模写していた。

「夕日の中の種まく人(Sower at Sunset)」は、この模写から、太い木を一本、植え替えたものと考えてもいい。
ゴッホにとって、ミレーの描く農民の「静かな正しい完璧性」は、「無限性」を感知させる。「日本人のような原始人が描いた、ペンで書いた文字のように見える」絵は、「面白い」。
「夕日の中の種まく人」には、ゴッホがアルル滞在中に到達した「黄色」の世界も加わり、彼の作品の一つの頂点を示している。(次ページに続く。)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中