サン=テグジュペリ 『星の王子さま』 冒頭の一節 Antoine de Saint-Exupéry Le Petit Prince 20世紀のロマン主義

『星の王子さま(Le Petit Prince)』(1943)は、世界中で人気があり、誰もが一度は題名を耳にし、作者であるサン=テグジュペリ自身が描いた可愛らしい男の子の絵を見たことがあるだろう。

日本でも高い人気を誇り、1953年の内藤濯(あろう)訳以来、20種類以上の翻訳が出版されてきた。

ところが、実際に読んだ人たちの感想は、二つに分かれるようである。
一方では、感激して、絶賛する人々がいる。反対に、最後まで読んだけれど訳が分からないとか、途中で投げ出した、という読者もいる。
そうした極端に分かれる感想の違いは、どこから来るのだろう。

『星の王子さま』の中心的なテーマは、「心じゃないと、よく見えない。本質的なものは、目に見えないんだ。(L’on ne voit bien qu’avec le cœur. L’essentiel est invisible pour les yeux)」という表現によって代表されると考えられている。
この考えが、ロマン主義的だということを確かめ、ロマン主義的な思考に基づいて冒頭の一節を読んで見よう。

ロマン主義的な思考では、2つの世界が対立的に捉えられる。
一つは、目に見える物質的、物理的な現実世界。
もう一つは、取り戻すことのできない幸福な過去や、想像力が作り出す夢の世界。それらは、最終的には、心の中に思い描く世界の表現だといえる。

その対立する2つの世界のうちで、現実世界は、功利的で偽りに満ち、非人間的な世界と見なされる。それに対して、現実では決して到達できない世界こそが真実の世界だと考えられる。
ロマン主義的主人公は、現実の悲惨を嘆き、心の中にある理想世界へ到達することを夢見る。
例えば、ラマルティーヌの「湖」の男性であれば、愛する女性と共に過ごした昨年の思い出を、メランコリックに懐かしむ。そこにロマン主義的抒情が生まれる。
https://bohemegalante.com/2019/03/18/lamartine-le-lac/

このように考えると、表面的で偽りの世界である現実を否定し、現実を超えた目に見えない世界を本質的な世界とする『星の王子様』の世界観が、ロマン主義的であることがわかるだろう。
肉体の目ではなく、心の目が、真実を見せてくれる。

いわゆる現実的な人にとって、こうした考え方は話にならないだろう。夢が現実よりも真実などと考えることは馬鹿げている。現実こそが全てであり、科学で証明できないことは誤りである。等々。

『星の王子さま』は、そうした人々を「大人の人たち(les grandes personnes)」と呼び、彼等を煙に巻く挿話から始まる。
それは「ぼく(je)」がパイロットになる前の話で、6歳の「ぼく」が描いたという絵が効果的に用いられる。

ところで、作者であるサン=テグジュペリは、挿絵を自分で描き、絵の大きさと場所にまでこだわったという。
そのことは、絵と文字が共鳴し、『星の王子さま』が「読者の中にいる子供の心」に訴えかける物語であることを示している。

 Lorsque j’avais six ans j’ai vu, une fois, une magnifique image, dans un livre sur la Forêt Vierge qui s’appelait « Histoires Vécues ». Ça représentait un serpent boa qui avalait un fauve. Voilà la copie du dessin.
 On disait dans le livre : « Les serpents boas avalent leur proie tout entière, sans la mâcher. Ensuite ils ne peuvent plus bouger et ils dorment pendant les six mois de leur digestion. »

 6歳の時のこと。ぼくは一度、すごい絵を見たことがあった。「未踏の森」についての本で、『本当の話』という題名だった。それは、ボアというヘビが一匹の動物を呑み込んでいるところを描いていた。これがその絵の写し。
 本の中にはこう書いてあった。「ボアは獲物を噛まずに丸ごと呑み込む。その後は動けなくなり、消化する六ヶ月の間、眠っている。」

(少しゆっくり目の朗読。場面が目に浮かんでくるような感じがする。)

「これがその絵の写し(Voilà la copie du dessin)」という文で参照されるのは、ヘビが獲物を呑み込んでいる、最初に掲げられた挿絵。
この文は、絵と文字が連動していることを明確に示している。

挿絵を見て気づくのは、ヘビも動物も獰猛な様子ではなく、少しコミックな感じがすること。呑み込まれている動物の顔はびっくりしているように見えるし、大きな口を開けたヘビも優しそうな顔をしている。決して現実的な絵ではない。
こうした挿絵が、『本当の話(Histoires Vécues)』という題名の本に描かれていたとしたら、話の内容も現実の体験談とはかなり違っていたのではないだろうか。
ちなみに、フランス語版のwikipediaでBoaの項目を見ると、掲載されている絵や写真はとてもリアルで、恐ろしげな感じがする。

サン=テグジュペリ自身の描いたヘビの絵は、後に語られるパイロットと王子さまの物語が、「本当の話」でありながら、決してリアルなものではないことを予告していると考えてもいいだろう。

「ヘビのボア(serpent boa)」に関して、読者は、百科事典等で調べたり、様々な知識を持ち込むのではなく、サン=テグジュペリの挿絵を参照するだけでいいし、それだけにしておかないといけない。
それが、『星の王子さま』の世界に入る最初の扉なのだ。

次に出てくる絵は、「ぼく」が6歳の時に描いたもの。大人の語り手が描いた最初の絵とはずいぶんと違っている。

 J’ai alors beaucoup réfléchi sur les aventures de la jungle
et, à mon tour, j’ai réussi, avec un crayon de couleur, à tracer
mon premier dessin. Mon dessin numéro 1. Il était comme ça :

 それから、ぼくはジャングルで起こる色々なことを随分と考えた。そして、自分でも、色鉛筆を使って最初の絵を描くことに成功した。第一号の絵。それはこんな風だった。

この絵を見て、読者は何だと思うだろうか。
この絵から、ジャングルやボアを思い浮かべる人がいるだろうか。

私たち読者はここで一度立ち止まり、じっくりと茶色の塊を見る必要がある。そして、これは何だろうと考える時間を持つこと。それを、サン=テグジュペリは望んだに違いない。
この絵は、6歳の「ぼく」にとっての「傑作(chef-d’œuvre)」なのだ。
私たちもここで少し時間を取り、茶色の塊を見て、それが何を描いているのか考えると、『星の王子さま』の世界にもう一歩入っていくことになる。
その時間を取るために、続きは次のページに回すことにする。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中