ランボー 黄金時代 Arthur Rimbaud Âge d’or 詩句の音楽性

「黄金時代(Âge d’or)」は、ランボーの音楽性に富んだ詩の中でも、最も音楽性を感じさせてくれる詩。
詩句を口に出して発音すると、口の中に円やかな感覚が広がり、とても気持ちがよくなる。

他方で、何を言いたいのか考え始めると、訳が分からなくなる。
フランス人のランボー研究者でこの詩を大変に難しいという人が多くいる。
無理に解釈しようとすると、訳が分からなくなり、読むのが厭になるかもしれない。

詩句が奏でる音楽に身を任せ、Voix(声)という言葉が出てきたら、voixという音を口ずさみ、「声」と思うだけ。現実にある何かの声を探す必要はない。
詩は言葉によって成り立ち、詩の世界だけで自立している。「黄金時代」はそのことを実感させてくれる。

「黄金時代」の場合、耳で聞くよりも、口に含んでみる方が気持ちがいい。
それでも、まずは音を確認しておこう。(この朗読は気取りすぎていて、軽やかさにかけるので残念。)

Âge d’or

Quelqu’une des voix
Toujours angélique
– Il s’agit de moi, –
Vertement s’explique :

          黄金時代

いくつかの声の中の一つ、
いつでも天使のよう、
— ぼくのことだ —
生硬に自分のことを説明する。

一行5音節の詩句が4行、全てで20音の短い詩節。
短いだけに、韻がとてもはっきりと感じられる。voix – moi, angélique – s’explique.
angéliqueとs’expliqueの方は、iの音だけではなく、[ l [と [ que ]の音も一致し、豊かな韻になっている。

Quelqu’uneは、いろいろな声(voix)の中のどれか一つだけれど、何の声かははっきりしない。
音的には、quelqu’uneの[ y ]の音で口が閉まる方向に向き、voixで[ wa ]と開く。次いで、toujoursで[ u ]の音が連続し、最後は、angéliqueの[ ik ]と結ばれる。
最初の2行を口に出して言ってみると、口が緊張したり緩んだりする感じがはっきりと感じられ、それだけで気持ちがよくなる。
ランボーが難しいなどと言う前に、詩句を口に含んだ時の、音楽性が生み出す気持ちのよさを感じたい。

第3行目の Il s’agit de moi という挿入は、構文上、他の要素とつながりがなく、「私のこと」というのが何を意味しているのかはっきりしない。
天使のような声は私の内心の声の一つなのだろうか? 
それとも、その声が私に関して何か言うのだろうか? 
解釈は開かれている。
とにかく、moiは一行目のvoixと[ wa ]の音を共有し、韻を踏んでいるため、最初に言及される複数の声が「私」の内心の声と響き合っている。そのことが音によって感じられる。

Vertement s’expliqueは、「ある声の一つ(Quelqu’une des voix)」の述部であり、声が自分の言いたいことを説明する。その動詞で第一詩節の文が完成する。

ここで特に重要なのは、vertement。
この副詞は、烈しくとか厳しくという意味。しかし、Vertementの語幹には緑を意味するvertがあり、木々や植物の新鮮で生き生きとした様子を内包している。
そのために、天使のような声(voix angélique)に、緑色(vert)が重ね合わされ、厳しいとか烈しいといった意味では捉えきれないイメージが付け加えられる。

この第一詩節を読むだけで、ランボーの詩の魅力が伝わってくる。
意味は木の葉のように繊細に絡み合い、空に溶け込みそう。一方、音楽性が豊かで、読者の心を宙に舞い上げる。

Ces mille questions
Qui se ramifient
N’amènent, au fond,
Qu’ivresse et folie ;

そうしたたくさんの質問が、
枝分かれし、
導き出すのは、結局のところ、
陶酔と狂気だけ。

第2詩節では、最初からCesが使われ、「数多くの質問(mille questions)」がすでに何かわかっているものとして話し始められる。
しかし、それ以降も、質問の内容は明かされない。つまり、questionsという言葉だけがある状態。

さらに、その質問はse ramifierする。つまり、木の枝のように別れていく。
木の枝が分かれるという意味の動詞ramifierは、vertementに含まれる緑とつながる。

音の面からは、ramifierで二度繰り返される [ i ]の音が、1行目のmille、4行目のivresse、folieの[ i ]と響き合う。
この母音反復(アソナンス)は、第一詩節の、angélique, il s’agit, s’expliqueとも反響し、枝分かれをさらに印象付ける。
しかも、ivresseとfolieを導く4行目の詩句は、[i] (Qu’i)で始まり、[i](folie)で締めくくられる。
このように、第2詩節も、 [ i ] 音を中心にした音の結晶体を形成する。

Reconnais ce tour
Si gai, si facile :
Ce n’est qu’onde, flore,
Et c’est ta famille !

この様子を思い出してくれ、
とても陽気で、容易な様子を。
それは、流れでしかなく、植物でしかない。
そして、それはお前の家族だ!

reconnaîtreは、re(再び)とconnaître(知る)から出来ていて、すでに知っているものをそれだと認識するという意味。
その動詞の対象(tour)には、すでに知っていることを示す指示形容詞 ce が付けられている。

では、ce tourを認識しろ、思い出せと言われる、tourとは何だろう?
tourは多義的な単語であり、外周、周遊旅行、回転、輪郭、順番、業(わざ)、言い回し、表現、成り行き、様相、さらには旋盤など、様々に理解される。
しかも、そのtourは、とても(si)陽気(gai)であり、容易(facile)なのだ。
フランス語の理解を助けるために付けた日本語では「様子」としたが、「なりゆき」とか「やり方」とする訳者もいる。

とにかく、ce tourとceが使われ、tourが既知のものである。としたら、ここまでの流れの中では、Il s’agit de moi の「私」であり、天使のような声だろう。
その声はすでに何度も「私」に語りかけてきていて、詩人はその声の調子を再認識するように促す。

この第3詩節では、韻ではなく、母音の反復を中心に音が構成されている。
まず、韻を踏んでいないことに注目しよう。これは明らかに韻文詩としては規則違反。
つまり、「黄金時代」が韻文詩ではないという主張になる。

母音に関しては、次の点が挙げられる。
1)tourはtourjoursを思い出させる。
2)[ i ]音の饗宴は第3詩節でも連なりを続け、第2詩行« si gai, si facile »は5音のうち3音が[ i ] である。
その上、視覚的には、gaie、familleにもiが見え、iの効果がさらに強化されている。
3)ondeとfloreで[ on ]と[ o ]が、尖った[ i ]の音を丸くする。
さらに、floreの中では、[ r ]という流音と繋がり、題名の or(黄金)を生み出す。

意味的に見れば何を言っているのかわからなくなるばかりだが、音的に見ると、題名の黄金時代(âge d’or)を思い出させ、頂点を迎える。

詩句を説明するとどうしても理屈っぽくなり、難しく感じられるようになってしまう。
しかし、単語の意味だけ理解した上で、詩句を口に出して言ってみると、ランボーの奏でる音楽を楽しむことができる。
12行からなる3つの詩節を、何も考えず、声に出して読んでみてほしい。

Quelqu’une des voix
Toujours angélique
– Il s’agit de moi, –
Vertement s’explique :

Ces mille questions
Qui se ramifient
N’amènent, au fond,
Qu’ivresse et folie ;

Reconnais ce tour
Si gai, si facile :
Ce n’est qu’onde, flore,
Et c’est ta famille !

(次ページに続く)