接続法 直説法 条件法

フランス語の動詞には、直説法、条件法、接続法という3つの法がある。
それらは、動詞の活用という側面から見ると並行関係にある。しかし、表現する事柄から見ると、同列ではない。

動詞の活用に関して、形ではなく、意味について考えてみよう。

原形

原形のままの動詞は、意味の概念だけを示す。

chanterであれば、歌うことだけが意味され、既に歌われたのか、今歌われているのか、これから歌われるのかは問題にされない。概念がまだ現実化していない状態といえる。

動詞を活用するということは、その概念を現実化することに他ならない。
主語の人称、数によって活用の形が規定されることが、その証しだといえる。

接続法

接続法は、原形と同じように、動詞の概念を示す。
ただし、主語の人称と数に応じて、活用する。

接続法アレルギーを解消するを参照。
https://bohemegalante.com/2019/05/20/subjonctif/

直説法

直接法は、動詞を時間帯の中に位置づけ、事実としての事柄を述べる法と言われる。

フランス語の時制体系、その1とその2を参照。
https://bohemegalante.com/2019/05/17/systeme-temps-verbe-francais-1/
https://bohemegalante.com/2019/05/18/systeme-temps-verbe-francais-2/

直説法に置かれた動詞は、時間を示す以外に、話題に対して書き手、話し手がどのような判断や感じ方をしているのかも示す。
例えば、「明日それをします。」という文は、未来とも言えるが、話者の気持ち、意図を伝えているとも言える。

条件法

条件法は、話し手、書き手が、話題に対して現実ではないと考え、それに基づいて気持ちや意図を述べるときに使用される。
従って、時間を指示する以上に、気持ちや思いが強く伝わる法だといえる。

条件法は難しい?を参照
https://bohemegalante.com/2019/05/21/conditionnel/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中