ネルヴァル 「ファンテジー」 Nerval « Fantaisie » 音楽と絵画とデジャ・ヴュと

ネルヴァルの「ファンテジー」は、音楽性と絵画性が絶妙に組み合わされ、ロマン主義的な美が見事に表現されている。

詩句は音楽性に富み、朗読すると口にも耳にも心地よい。

喚起される情景は、古きフランスの光景であり、「詩は絵画のように、絵画は詩のように」(Ut pictura poiesis)というホラティウスの言葉を実現している。
それと同時に、一つのメロディーから過去の光景が一気に描き出される様は、プルーストのマドレーヌと同じように、記憶のメカニスムが作り出す魅力を感じさせてくれる。

ネルヴァルは、もっとも早く民謡の美を発見し、詩の中にその音楽性を取り入れることを主張した詩人だった。
「ファンテジー」で彼は、ロマン主義時代に大人気だったロッシーニ、ウエーバー、そしてモーツアルトさえ、民謡の一曲と交換してもいいと言う。

Fantaisie

Il est un air pour qui je donnerais
Tout Rossini, tout Mozart et tout Weber ;
Un air très-vieux, languissant et funèbre,
Qui pour moi seul a des charmes secrets.

ファンテジー

一つのメロディがある。そのためなら、あげてしまってもかまわない
ロッシーニの全て、モーツアルトの全て、ウエーバーの全てを。
とても古いメロディー。物憂く、暗い。
でも、私にだけは、密かな魅力がある。

ウエーバーの名前は、funèbreと韻を踏むために、Webreと発音するとネルヴァルは注で記している。韻は男性韻(e)で始まり、女性韻(re)を包む、抱擁韻となっている。

この第一詩節では、10音節の詩句の4行全てで、4音節目の後句切れがあり、4/6のリズムが規則的に続いている。

ネルヴァルがこの詩を書きながら、実際のどんなメロディーを思い描いていたのか明確にはわからないが、彼が書いた民謡に関する文章からすると、「ルイ王の娘」のような曲を考えたいたのかもしれない。

それに対して、当時の音楽シーンでメジャーだったのは、ロッシーニの「ウイリアム・テル」やウエーバーの「魔弾の射手」だった。

モーツアルトに関しては、ネルヴァルにとって「魔笛」が特別に大切な曲になる。地中海沿岸の国を一年かけて回った旅を綴った『東方紀行』のエピソードの一つとして、エジプトのピラミッドの中で行われる密議として、「魔笛」に言及される。

ネルヴァルは、メジャーなものではなく、時代に取り残されたものに魅力を感じ、マイナーな美を発掘する傾向にある。

その感性は、今ここにあるものではなく、不在のものへのメランコリックな憧れに美を見出すロマン主義的な感性と対応する。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中