風の谷のナウシカ 交感する力

「風の谷のナウシカ」は、「火の7日間」という大戦争によって巨大文明が滅んだ後、1000年後に世界が行き着いた姿を描いている。

地上は猛毒を撒き散らす「腐海」が侵食し、オームが僅かに残る都市や谷の村を襲うこともある。風の谷の隣国ペジテや西方の軍事国家トルメキアでは、今でも覇権を争い、最終兵器「巨神兵」を奪い合ったりしている。

風の谷の少女ナウシカは、そうした強大な敵を前にして、一体何をしようとし、何ができるのだろうか。
メーヴェに乗り、空を飛び回る姿はすがすがしいが、戦うための武器は持たず、無力さに打ちひしがれることもある。

ナウシカという名前

ナウシカという名前は、ホメロスの「オデュッセイア」に登場するスケリア島の王女の名前から来ている。宮崎監督はその名前をギリシア神話の事典から見つけたという。
ナウシカは、海岸で血まみれの男(オデュッセウス)を見つけ、みんなは逃げまどっているのに、一人でかばって介抱する娘であるとされ、宮崎監督の理解では、世間からずれている。しかし、それだからこそ、英雄の心には特別な思い出を残すことになったという点が、強調されている。

ナウシカの原形として語られている女性がもう一人いる。『堤中納言物語』の中に収められた「虫愛ずる姫君」に出てくる娘。
彼女は外見を気にせず、ありのままが一番、根本を知らなければ物事はわからない、などと言い放つ。そして、みんなが気持ち悪がる昆虫を集め、観察することを楽しみとした。

ギリシア神話の王女と虫好きな姫に共通しているのは、周囲とは違っていること。そして、周囲が嫌がるものに愛を注ぐこと。この二点を、風の谷のナウシカは受け継いでいる。
ナウシカも、猛毒を撒き散らす腐海の植物をこっそりと城の地下に運び込み、地下の清浄な水で育てている。その地下室の植物たちは、毒を出さず、美しい。

複雑な世界

もしナウシカが善で、戦う相手が悪と決まっていれば、彼女の活躍で敵を蹴散らす冒険活劇としてわかりやすいだろう。エコロジー的な視点から見て、文明が悪であり、自然を守れというに等しい。

しかし、「風の谷のナウシカ」の描く世界は、そんなに単純ではない。善と悪がはっきりとし、善が悪を倒して完結するという単純な話にはなっていない。

単純な視点で見れば、覇権を争い、巨神兵を使って腐海の森を焼き尽くそうとする二つの帝国トルメキアとペジテは、悪と見なされる。
トルメキアは風の谷を占領し、ナウシカの父ジルを殺し、人々を苦しめる。
ペジテは、トルメキアに占領された自分たちの町をオウムに襲わせたり、巨神兵を奪うために風の谷をオウムに襲わせようとする。
しかし、彼等の目的は、トルメキアの司令官クシャナが言うように、毒を拡散する腐海の森を焼き、世界を人間の手に取り戻すことに他ならない。それは、一つの視点から見れば、正しい行い行為とも考えられる。

他方、腐海は毒をまき散らす危険な森である。
風の谷に住む人々は、海からの風がなければ、毒によって死んでしまう。そう考えれば、腐海は悪の存在。

しかし、腐海は実は空気を清浄化する働きをしていて、地下には清らかな水がある。
腐海の植物は、大地の毒を体内で結晶化し、正常な水と砂を生み出しているのだ。
腐海を守るオームたちは、その浄化作用を守る番人の役割を果たしている。

このように、「風の谷のナウシカ」の世界は、あるものが絶対的な善でもなく、絶対的な悪でもない世界。
風の谷の人々のように無力な存在は善人かもしれないが、大きな力に対して抗う力はない。
「時には豊かで、時には凶暴な自然」と共に生きることを知っていることが、彼等の最大の長所である。

宮崎監督はあるインタヴィユーの中で、善が悪に打ち勝てば全てが解決するような世界はないと言っている。

こうした複雑に絡み合った世界の中で、ナウシカは必死になって戦ったり、争いを避けさせようと奔走する。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中