虫めづる姫君 La princesse qui adore les insectes 風の谷のナウシカの祖先?

平安時代後期に成立したと考えられている『堤中納言物語』に「虫めづる姫君」という短編物語が含まれている。

誰もが蝶や花を愛する中で、主人公の姫君は毛虫や気味の悪い昆虫を愛している。そのために、親からも、求婚者となりうる男からも、お付きの侍女たちからも、変な娘とみられている。

しかし、そんなことは一向に気にせず、平安時代の宮廷風俗を一切受け入れない。彼女には彼女の理屈があり、それを曲げようとはしない。

ジブリ・アニメに出てくる風の谷のナウシカは、この虫めづる姫君をモデルの一人にしている。実際、彼女はオウムの子どもを大切にし、誰もが恐れる毒のある花をこっそりと栽培している。

現代のような個性を重視する時代ではなく、社会的な規範がとりわけ重視された時代に、蝶ではなく、毛虫を愛する姫君の物語が、何を主張しているのだろう。

「虫めづる姫君」の物語

辟邪絵 神虫

毛虫など気味の悪い昆虫が大好きな姫君がいて、お付きの女たちは気持ち悪いのを我慢しながら仕えている。男の召使いたちには虫を集めさせ、名前を知らない虫には名前を付けて、喜んだりもする。

彼女は、平安時代の京都を中心にした貴族文化の風習に従わず、眉毛も始末せず、お歯黒もしない。親たちがその様子にあきれ果てても、理屈っぽく反論して、言うことを聞かない。

彼女の言い分によれば、虫は絹を作り、衣服の糸を作りだすが、蝶は有用ではない。それに、物事の本質を知るには、結果から原因へと辿ることが大切であり、毛虫から蝶へと成長するのだから、蝶の元である毛虫を愛するのは当然。
宮廷の風習に関しては、眉を抜いたり、お歯黒にするといった「つくろうこと」は悪いことだと考える。
そうした娘に対して、親は、世の中に人から変に見られるし、恥ずかしいと思う。

そんな時、虫好きの娘の噂を聞きつけた一人の貴公子が、蛇形をした作り物と求愛の歌を姫に贈る。
その蛇の作り物は大変に精巧に出来ていて、本物の蛇かと思った姫は驚きながら、南無阿弥陀仏という念仏を唱える。そして、美しい姿をした蛇は、生前の自分の親だったかもしれないと、自分を落ち着かせようとする。
姫の父親がそのからくりを見破り、後始末をするようにと命じる。
姫は贈り物の主に返礼の和歌を書き、蛇の姿では近くに居づらいので、縁があれば極楽で会いましょうと、機知に富んだ返事を送る。

源氏物語絵色紙帖 若紫

その返事に関心した男ー右馬の佐(うまのすけ)ーは、娘に興味を持ち、彼女の姿を見るための策略を立てる。

まず、友だちと一緒に女装して家の庭に忍び込み、室内を見られないために庭に立てられている衝立の影に隠れる。
その近くを召使いの男が歩いているのを見て、彼に、目の前の木にたくさんの虫が這っていると声を掛ける。
すると、召使いは、姫の部屋のすだれをひきあげ、毛虫がいると姫に告げる。姫は虫を見るために、部屋の奥から進みより、すだれ越しに身を乗り出す。

こうして、右馬の佐(うまのすけ)たちは、姫君の姿を垣間見ることができる。
彼女は眉を剃らず、お歯黒をせず、髪の手入れも、装束もなおざりで、見かけはみすぼらしい。しかし、醜いのではなく、よく見ると気品があり、男はその様をもったいないことだと思う。
その一方で、虫をもっとよく見るために、手元まで持ってくるようにと命じる姫君を見て、呆れたりもする。

その後、右馬の佐(うまのすけ)たちは見つかり、虫と遊ぶ姫の姿が丸見えになっていたことが発覚する。
侍女が大急ぎで身を隠すように言うと、姫君は、その言葉が虫と遊ぶのを止めさせる口実だと思い、姿を見られても恥ずかしくないと言い張る。
しかし、実際に男たちが侵入していたことがわかると、虫を袖に入れて、大急ぎで部屋の中に引っ込む。

その一方で、右馬の佐(うまのすけ)は、器量はいいのに、気味の悪い心を持っていると、残念がる。
そして、せっかく来たのだから、姿を見たことだけでも知らせようと、和歌を贈ることにする。そこには、毛虫のような眉をした姿を見たからには、手に乗せて、見守ってあげたいと書かれていた。

姫の方では、姿を見られたことは恥ずかしいことではないと言い、そのままほって置こうとする。しかし、それは礼儀に反するため、侍女の一人が返歌を代わりに作り、男に返す。
その内容は、毛虫の名前を知るように、あたなの名前を知りたいというもの。

それに対して、右馬の佐(うまのすけ)は、「毛虫の毛深さほどの眉毛を持った人は、あなたしかない」と言って、笑いながら帰ってしまう。

この続きは第二巻であると最後に付け加えられている。しかし、二巻は存在しない。

多様な解釈

社会の価値観にまったく従わず、自分なりの論理を持ち、自分の生き方を貫く女性の物語。
現代であればそのまま受け入れられる価値観を持った物語であるだけに、女性の自立を描いていると言えば、そのまま受け入れられてしまいそうである。
しかし、「虫めづる姫君」はあくまでも平安時代中期以降に成立したもの。
そこで、これまでに様々な解釈が提案されてきた。

娘を評価する立場からは、2つの視点がある。
1)事物を理解するためには、現象から根源に戻ることが大切という理論を評価する。
その場合、彼女は理知的で、聡明な女性と見なされる。

2)社会の規範に囚われない自由な振る舞いを評価する。
貴族社会の日常的な常識に対する批判・反抗を示す、自立した女性と見なされる。平安時代の文明批評。

批判する立場からの視点もある。
1)彼女の理屈は屁理屈で、論理と行動が一致しない。
毛虫が蝶になるのであれば、蝶も愛すべき。

2)平安時代の王朝的な美を否定し、単なるゲテモノ好きで、猟奇趣味。世紀末的な路悪趣味であり、頽廃精神を示す。

3)独特な行動をする女性を描くことで、その価値を評価しているように見せながら、実は風刺している。

4)虫を異常に愛する姫は、体毛が多く歯茎が白いことから、萎黄病(chlorosis)だと診断されることもある。
こうした病理学的解釈は、学問的に見せようとするする学者たちの常だろう。

エロスや性を持ち出すこともある。
1)体毛に関して、「(姫には)毛虫の毛皮があるんだから、着物など着なければいい」という悪口から、美少女の体を毛虫が這うというエロチックな妄想を抱く読者。
ジブリ・アニメにもやたらに性的な要素を見つける悲しい傾向が、こんなところにも顔を出してくる。

2)女性性に焦点を絞り、物語にほとんど登場しない、蝶を愛する女性を取り上げることもある。
毛虫から蝶への成長と、毛虫を愛する姫君と蝶を愛する姫君を重ね合わせ、性を自覚しない姫君が性を自覚する姫君 へと成長する過程とみなす。
成長しない異常な虫めづる姫君と正常に成長した蝶めづる姫君を対比し、虫を愛する姫に結婚拒否の願望を見出す。
女性の成長の過程の結果としての蝶を愛する女性を描かないことで、虫を愛する女性の異常性を浮き上がらせることが、この物語の特質だとみなす。

物語全体の理解として、「虫めづる姫君」を遊び精神に満ちあふれているが、それ以上のものではないという解釈も見られる。
1)非常に理知的、科学的な言動と、それとは全く裏腹な性格描写が繰り返され、読者を翻弄する「楽しさ」を持つ。(『堤中納言物語』岩波文庫)

2)姫君を批判するとか、姫君を通して社会を風刺するというような意図もなく、ただ一風変わった姫君を活写していることが、この物語の生命。(『堤中納言物語』講談社学術文庫)

「風の谷のナウシカ」の宮崎駿監督は、「源氏物語や枕の草子の時代に、虫を愛で、眉もおとさぬ貴族の娘の存在は、許されるはずもない。私は子供心にも、その姫の運命が気になってしかながなかった。」と述べ、束縛と自由、制度と個人という視点から「虫めづる姫君」を受容したことが理解できる。

余談になるが、宮廷生活に縛られた少女が自由を求めるというストーリーは、ジブリ・アニメの中では、高畑勲監督の「かぐや姫の物語」によって、最も明確に描かれている。
https://bohemegalante.com/2020/01/02/conte-de-la-princesse-kaguya-isao-takahata/

加藤周一は、虫めづる姫君が社会一般の常識に反しても平気であり、自分の一貫した生き方を生きていることに注目し、「そういう型の人物は、平安朝物語の中にあらわれないばかりではなく、そもそも日本文学史の全体を通じて極めて稀である。」と述べている。(『日本文学史序説』)
高畑版かぐや姫を見ると、現代では、人と違う生き方を主張できる社会になっていることがわかる。
(ただし、実生活の中でそのようにできるかどうかは、別の問題。)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中