ランボー 「酔いどれ船」 Rimbaud « Le Bateau ivre » その1 自由への旅立ち

ランボーの「酔いどれ船」は傑作と言われ、パリのサン・シュルピス教会のすぐ横にある壁には、100行の詩句全部が書かれている。

しかし、意気込んで読んでみても、難しくて理解できないところが多い。
この詩のどこに、多くの読者を惹きつける魅力があるのだろう。

今から、4行詩が25節続く詩の大海原に、船を漕ぎだしてみよう。

変革の時

旅に発つ前には、それなりの準備が必要となる。

ランボーが「酔いどれ船」を書いたと考えられる1871年、社会、芸術、文学のレベルで、変革の時期を迎えていた。

社会的なレベルでは、1870年の普仏戦争にナポレオン三世が敗れ、1871年はパリの市民たちの蜂起(パリ・コミューヌ)が勃発。

絵画のレベルでは、アカデミーの伝統に従った絵画、ロマン主義絵画、レアリスムの絵画に変わり、印象派の画家たちが活動を始め、1874年には第一回印象派展が開かれた。(ただし、一般的な評価は19世紀の末まで待たないといけない。)

文学的には、1860年代から、ロマン主義的な感情の吐露を押さえ、形式的な美を重んじるパルナス派が主流を占めていた。 1871年8月、ランボーはパルナス派の中心人物の一人バンヴィルの詩法を揶揄する詩を書き、新たな詩を模索する。

ランボーの個人的なレベルの出来事も見ておこう。

1854年10月、アルチュール・ランボーは、ベルギーに近いアルデンヌ地方に位置するシャルルヴィルという小さな町に生まれた。
15歳くらいから詩を書き始めたらしく、1870年には、テオドール・ド・バンヴィルという詩人に自作の詩を送り、出版してくれるように依頼したこともある。
この時、彼は2度ほどパリに出奔し、その体験を基に、「谷間に眠る男」「わが放浪」など、まだ伝統的な手法で書かれた詩を書いている。

翌1871年5月、学校の先生と友人に宛てて、「見者の手紙」を呼ばれる手紙を書き、伝統的な詩とは違う新しい詩を生み出す意欲を示した。その中で、ボードレールを詩人の中の詩人と褒め称えている。
それと前後して、パリに再び出奔。パリ・コミューヌを体験した。

8月になるとヴェルレーヌに手紙を書き、パリで彼と会い、二人の激しい関係が始まる。
伝説としては、ヴェルレーヌが、送られてきた「酔いどれ船」を読んで感激し、ランボーをパリに呼び寄せたといわれている。その真実のほどはわからない。
とにかく、上京したランボーが、9月下旬の詩人達の集まりで「酔いどれ船」を読んだということが、事実として伝えられている。

その時、ランボーは18歳になる直前。それまで彼が目にしたのは、故郷のアルデンヌ地方からパリまでの限られた光景だけ。海を見たことはなかった。シャルルヴィルを流れるムーズ河が、「酔いどれ船」の大海原の源だっただろう。

ランボーの想像力は、現実を前にして疾走し始め、留まるところを知らなくなる。
その様子を最もよくわからせてくれるのは、1873年にブリュッセルで書いたと思われる詩「アマランサスの花の列」。
何を見ているのか、何を空想しているのか分からず、現実と非現実の境目が溶けてしまう。
https://bohemegalante.com/2019/07/09/rimbaud-plates-bandes-damarantes/

酔いどれ船の旅は、疾走する想像力が描く幻影(=現実)なのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中