ランボー 「アマランサスの花の列」 Rimbaud « Plates-bandes d’amarantes… » 疾走する想像力と言葉の錬金術

1872年、ランボーはヴェルレーヌと二人、パリから逃れてベルギーに向かう。その旅の間に二人が見た物、感じたことは、ベルギーを対象にした二人の詩の中に定着されている。

ランボーの「アマランサスの花の列」(Plates-bandes d’amarantes…)は、そうした詩の中の一つ。
その詩には、大通りの様子らしいものが描かれているのだが、ランボーの詩の言葉は、現実から飛び立ち、疾走する。

詩としての出来栄えに関しては、それほど高く評価できるものではないかもしれない。しかし、ランボーの詩的想像力の動きを理解するためには、最適の詩だといえる。

「アマランサスの花の列」の最初に、「7月/ブリュッセル、レジャン大通り」と記されていて、実在する通りの描写として提示されている。
この詩のベースには現実があることになる。

レジャン大通りは、今でも存在する。

大きな公園や王宮に近く、かなり大きな通りらしい。

ランボーは最初、この通り沿いに植えられたアマランサスの花に目を留める。

Plates-bandes d’amarantes jusqu’à
L’agréable palais de Jupiter
− Je sais que c’est Toi, qui, dans ces lieux,
Mêles ton Bleu presque de Sahara !

アマランサスの花の列が、
ジュピターの心地よい宮殿まで続く。
ー ぼくは知っている。お前が、この場所で、
お前の「青」を混ぜ合わせているのを。サハラのと言ってもいい青を。

アマランサスの花が向こうの方まで連なっているのが目に入る。現実的な風景。

大通りには立派な建物があるし、近くには王宮もある。たぶんそこまで続いているのだろう。

ところが、ランボーは、建物にジュピターという名前を付け加える。そのようにして、神話を連想させる固有名詞を持ち出すことで、想像力が働き出す。

次に、街並み全体へと目を向け、大通りに向かい、「お前」と呼びかける。お前がここで青い色を混ぜ合わせている、と。
要するに、通りのあちこちに青い影のようなものが見えたのだろう。

その青い色に関して、ランボーはまた想像力を働かせ、ほとんどサハラ砂漠の青だと言う。
この時にはまだアフリカに足を踏み入れたことはなく、サハラ砂漠に関する知識は、当時の雑誌などから得られる限られたものだっただろう。
詩人にとって、正確な情報が前提となるのではなく、サハラという名称が引き起こすイメージが大切なのだ。

Puis, comme rose et sapin du soleil
Et liane ont ici leurs jeux enclos,
Cage de la petite veuve !…
                             Quelles
Troupes d’oiseaux, ô ia io, ia io !

次に現れるのは、陽に当たったバラやモミ、
ツタのようなものが、しっかりと絡まり合い、
夫を亡くした女の鳥かごだ!
           何という
鳥たちの群、オ イア イオ、イア イオ!

ランボーの目に入ったのは、家の窓辺に置かれた鳥かごだろう。
その周りにはバラや大きな木もあり、窓にはツタがからまっている。
ごく普通の光景。

その鳥かごから、ランボーは、持ち主が寡婦だと想像を巡らせる。
籠の中の鳥が実際に何羽いるのかわからないが、群でいるほど数多くいるように空想する。
想像力が活発に活動し始め、思わず鼻歌が出る。イアイオというオノマトペは、現実から離れ、気分が高揚しているしるしだろう。

ランボー 「アマランサスの花の列」 Rimbaud « Plates-bandes d’amarantes… » 疾走する想像力と言葉の錬金術」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中