ランボー 「酔いどれ船」 Rimbaud « Le Bateau ivre » その6 自省の時

第18詩節から第21詩節までの4つの詩節では、「ぼく=酔いどれ船」がどのような存在であるのかが、”moi”という言葉を先頭にして示される。

第18詩節

Or moi, bateau perdu sous les cheveux des anses,
Jeté par l’ouragan dans l’éther sans oiseau,
Moi dont les Monitors et les voiliers des Hanses
N’auraient pas repêché la carcasse ivre d’eau ;

ぼくは船。小さな湾の髪の毛の下で難波し、
暴風で投げ出され、鳥もいない空中を漂う。
ぼくは船。護衛船やハンザ同盟の帆船が、
この骨組をもう一度釣り上げようとはしなかっただろう。水で酔っ払っているんだ。

この詩節の最後で、酔っているという言葉が出現し、「酔いどれ船」という題名の説明になっている。
その酔いが、酒ではなく、水によってもたらされることに注目しよう。

第1−2詩行では、「ぼく=酔いどれ船」が二つの次元を通底させることが示される。つまり、湾の下と天空。
ランボーらしく、湾(anses)には髪(cheveux)を生やさせ、読者を煙に巻く言葉の連結がなされている。
天の方には、エーテル(l’éther)という言葉を使い、神秘性が付与されている。かつては、空はエーテルという流体が天空の充満していると考えられていた。
(ちなみに、Étherという言葉をwikitionnaireで調べると、ランボーのこの詩節が例文として引用されている。)

第3−4詩行になると、難波のイメージが前面に出され、例え救援があったとしても救われない船であることが強く印象付けられる。

護衛船やハンザ同盟の帆船は、ぼくという船のイメージをもう一度思い起こさせるためだろう。

救援されない理由は、酔っているから。ぼくは酔いどれ船なのだ。

第19詩節

Libre, fumant, monté de brumes violettes,
Moi qui trouais le ciel rougeoyant comme un mur
Qui porte, confiture exquise aux bons poètes,
Des lichens de soleil et des morves d’azur ;

自由で、煙を吐き、紫色の靄が立ち篭めている、
ぼくは、赤く染まった空に穴を開けていた。壁に穴を開けるように。
そこには、よき詩人たちにはこの上もなく甘美なジャムである、
太陽の苔と蒼穹の鼻汁が付着している。

この詩節は、自由(libre)で始まり、蒼穹(azur)で終わる。

「酔いどれ船」の 第一節から、「ぼく=酔いどれ船」が求めるのは「自由」。
そして、大海原での航海の目的は、これまでの束縛から解放され、新しい言葉の結合によって、新しい詩を生み出すことだった。
赤く燃え上がる空に穴を開けることは、新しい詩への道を切り開くことだ。

そのような航海の後で、今、船体に付着しているのは、「太陽の苔」と「蒼穹の鼻汁」。
この表現がいかにもランボーらしい。
太陽も蒼穹も、理想を象徴するのに相応しい。
とりわけ、蒼穹(Azur)という言葉は、マラルメの詩からも類推できるように、詩の理想郷を象徴する。
https://bohemegalante.com/2019/06/20/mallarme-lazur/
それに対して、苔(lichen)や、とりわけ鼻水(morve)は、価値を低下させる言葉。
第17詩節で使われた「糞」’fiente’という言葉も含め、苔や鼻水などという言葉は、詩的言語として用いられることはなかった。ランボーはわざとそうした言葉を使い、慣習的な詩法に語彙のレベルで風穴を開けようとしたのだと考えられる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中