ボードレール 「芸術家の告白」Le Confiteor de l’artiste

「芸術家の告白」« Le Confiteor de l’artiste »の中で、ボードレールは自らの詩学を散文詩として表現した。彼が芸術家として目指すもの、苦しみ、恍惚感を吐露した告白なのだ。

「芸術家の告白」は1862年に発表され、ボードレールがこの時代に一時暮らしたノルマンディー地方の港町オンフルールHonfleurで執筆されたと考えられている。

オンフルールは、ノルマンディーの海岸と雲を数多く描いたウージェーヌ・ブーダン(Eugène Boudin)の活動拠点。「ドーヴィルの埠頭」。この海岸で、詩人としての思いを綴ったのだろうか。

同じノルマンディー地方にあるグランヴィル近く。真っ青な海と真っ青な空がどこまでも広がり、小さなヨットが浮かぶ。

Granville

決して到達できない「美」に達するために戦いを続ける芸術家の苦悩と喜びを告白するのは、この海と空の中に一人佇む時だろう。

散文詩の第一段落は、秋の日の終わりが胸に突き刺さるようだと、苦しみを吐露するところから始まる。

Que les fins de journées d’automne sont pénétrantes ! Ah ! pénétrantes jusqu’à la douleur ! car il est de certaines sensations délicieuses dont le vague n’exclut pas l’intensité ; et il n’est pas de pointe plus acérée que celle de l’Infini.

https://www.youtube.com/watch?v=fUEOtzfpH80&t=43s

秋の日の終わりは突き刺さる。苦痛なほどに突き刺ささる。確かに、甘美な感覚もあるにはある。しかし、おぼろげなだからといって、強烈さが薄らぐことはない。「無限」の先端ほど鋭いものはない。

Que …. ! と感嘆文で始まり、Ah ! …. ! と、強く感情が表現される。その感情の核心は、貫き通す(pénétrant)という、痛みを伴う感情。夕日に染まった海の光景が心に沁みるという気持ちはよくわかる。
しかし、芸術家にとっては、美しい夕日の光景が甘美に感じられるという以上に、より過激で激しい痛みにまで達する。苦痛(la douleur)だと感じられるまでになる。
最初の一文で、芸術家の激しい感受性が感嘆文によって表現され、感傷を超えた感情が一気に吐露される。

しかし、次に「なぜなら(car)」という言葉が用いられ、説明的で論理的に調子に変わる。なぜ美が苦痛にまで達するのかという疑問には、論理的な答えがある。
甘美ないくつかの感覚(de certaines sensations)には、漠然とうっとりとした感じもあるが、それとは反対に、強烈なもの(l’intensité)もある。この強烈さ、過激さは、ボードレール的な美学の核心をなす。

そして、貫き通す(pénétrant)と強度(l’intensité)という言葉からの連想で、先端(pointe)が出てくる。その先端は、研がれて鋭い(acéré)。« il n’est pas »は« il n’y a pas »で不在を意味する。そこに« plus…que »という比較級が続き、一番研ぎすまされている尖りはqueに続くものであることが示される。それは何か? 

「無限(L’infini)」の先端。
フランス語は前に来る要素よりも後ろに来る要素の方が重要であることが多い。この第一詩節でも、最も力点が置かれているのは、「無限」。ボードレールの世界で最重要な概念の一つ。その「無限」の突先が、芸術家の心と体を貫き通し、美を前にしての苦痛をかき立てる。

では、「無限」とは何か?
空があり、海があり、どこまでも視線は伸びていく。そこに広大な広がりがある。どこまで進んでも、終着点には到達できない。だからこそますます人を魅了する。

それにしても、芸術家は秋の夕暮れの美しい光景を前にして、なぜこれほどの苦痛を感じるのか。第二詩節でその理由が示される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中