ヴェルレーヌ 「忘れられたアリエッタ その1」  Verlaine « Ariettes oubliées I » 日本的感性とヴェルレーヌの詩心

「忘れられたアリエッタ その1」は、ヴェルレーヌの詩の精髄がそのままの形で詩になっている。この詩を理解することで、「ヴェルレーヌ的」とは何か、そしてなぜ彼の詩が日本でこれほど愛されているのか、理解することができる。

「忘れられたアリエッタ」と題された9つの小さな詩は、『言葉なきロマンス(Romances sans paroles)』に収録され、1874年に出版された。

1874年は、第一回印象派展が開催され、モネの「印象・日の出」から、印象派という名称が生まれた年。
印象派の画家たちからの直接的な影響はないとしても、同時代的な表現法の類似が、ヴェルレーヌの詩との間に見出されることは確かである。

ヴェルレーヌの生涯でいえば、ランボーとのイギリスでの生活が破綻し、ブリュッセルのホテルで彼の手を銃で撃ち、監獄に入れられていた時期。
その頃の詩作はランボーとの相互的な影響作用で、音楽性がもっとも強く打ち出されていた。「何よりも先に音楽を」と歌った「詩法」が書かれたのも、1874年。
https://bohemegalante.com/2019/06/16/verlaine-art-poetique/

「詩法」の中で、詩句を音楽的にするためには奇数の音節数が大切だとしている。「忘れられたアリエッタ その1」は、全て7音節の詩句からなり、奇数音節が実践されている。

日本で最もよく知られているヴェルレーヌの詩の一つは、「巷に雨の降るごとく
/わが心にも涙降る」という詩句で始まる「忘れられたアリエッタ その3」。
物憂げな悲しさ、理由のないやるせなさが、日本的感性と共鳴する。

「忘れられた小曲 その1」を歌い始める前に、ヴェルレーヌは18世紀の芝居のセリフから取られた二行の詩を、プロローグとして引用する。

Le vent dans la plaine
Suspend son haleine.
(Favart.)

風が野原で
その呼吸を止めている。
     (ファヴァール)

何でもないセリフだが、ここにはヴェルレーヌと日本的な感性を繋ぐ糸がある。それは、自然現象と人間の内面が一体化した状態である。

日本では古事記や万葉集の時代から、花鳥風月に人の心を託して、歌が作られてきた。
私たちは、人間と自然は切り離された存在ではなく、人間は自然とともに、自然の中で生きている、という気持ちをずっと持ち続けている。花を歌うことで心を表現する伝統は、今も保たれている。

ファヴァールのセリフでも、野原(pleine)や風(vent)という自然と、人間の内的な動きである呼吸(haleine)が、一つになっている。自然と人間が一つになったこの感覚が、ヴェルレーヌ的感性の根本にある。

そのような状態では、人間が自然に働きかけるという、主体対客体の分離はない。全てが一つの状態。風が吹き、呼吸する。それが歌であり、詩である。

ちなみに、この2つの詩句は5音節。奇数音節が音楽性を生み出すという主張に沿っていて、次に続くヴェルレーヌ自身の7音節の詩句を予告している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中