クローデルと日本の美 Paul Claudel et la beauté japonaise

ポール・クローデルは、1923年、日光で、日本の学生達に向けた講演を行った。その記録が、「日本の魂を一瞥する(Un regard sur l’âme japonaise. Discours aux étudiants de Nikkô)」として、『朝日の中の黒い鳥(L’Oiseau noir dans la soleil levant)』に収められている。

彼の日本に対する観察眼は大変に優れたもので、日本人として教えられることが多い。その中でも、日本的な美として二つの流れを感じ取り、ヨーロッパ人にはわかりにくい美を具体的に解説している部分はとりわけ興味深い。

一つの流れは、浮世絵に代表されるもの。
もう一つは、高価な掛け軸としてクローデルが分析の対象としているもの。

喜多川 歌麿、納涼美人図

クローデルが日本の事物に興味を持ったのは、姉で、ロダンの弟子(であり愛人)であったカミーユ・クローデルの影響で、浮世絵を中心としたジャポニスムを通してだった。

浮世絵に代表される美は、激しく、豪華で、劇的。色彩に富み、精神的で、絵画的。限りなく多彩で、日々の生活の情景が息づいている。
そうした身近で、日常的な活動の中心に位置するのは、人間。
これが、クローデルの感じる一つの美のあり方。
フランスやヨーロッパで評価されるのも、こうした美だと彼は考える。

ここで彼が言及している日本の美は、優美な平安朝の美、安土桃山時代の「かざり」の美、江戸の元禄文化に象徴される華やかな美の系列だといえる。

平等院鳳凰堂
源氏物語絵巻、竹河二 春三月
狩野永徳、四季花鳥図屏風
日光東照宮
彦根屏風

これらの建築や絵画を見ると、日本における一つの美の姿を感知することができる。壮麗で多彩であり、装飾性に富んでいる。

19世紀後半のヨーロッパで、新しい芸術観が模索されていたとき、別の美学に基づいて生み出された美として、日本のこうした美意識が受け入れられたことは、容易に理解できる。

ポール・クローデルも、「かつての熱狂を保っている」という表現で、華やかな日本の美に対する愛好を素直に告白している。

しかし、それと同時に、日本での滞在の中でもう一つの美に気づき、その説明により多くの言葉を費やす。

クローデルと日本の美 Paul Claudel et la beauté japonaise」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中