ボードレール 「旅への誘い」 Baudelaire « L’invitation au voyage » その1 韻文詩

「旅への誘い」は、フランス語で書かれた詩の中で、最も美しいものの一つ。
音楽性、絵画性が素晴らしく、女性に対する愛のささやきが、美に直結している。

その美は現代にも通じ、Louis Vuitton が、David Bowie を使い、L’Invitation au voyageというイメージ・ビデオを作ったことがあった。

ボードレールはこの詩を最初に韻文で書き、次に散文でも同じテーマを扱った。そのことは、詩とは韻文で書かれるものであるという、フランス詩の伝統への挑戦だった。
散文でも詩を書ける。つまり散文詩を文学のジャンルとして成立させる試みだった。

ここでは、韻文の「旅への誘い」をまず読んでみよう。

韻文詩「旅への誘い」は、涙する女性に向けて、美しい国に旅に出ようと誘う、恋愛詩である。
その上で、旅は精神的な次元を含み、共感感に基づいた創作への誘いとしても読むことができる。

実際、詩は3つの部分で構成されている。
それは絵画で言えば、中央の絵を二つの扉で囲む絵画。例えば、リューベンスの三連祭壇画「キリスト降架」。

Rubens, Descente de la Croix

音楽で言えば、3拍子のワルツ。例えば、ウィーバーの「ダンスへの誘い(Aufforderung zum Tanz)」。

それぞれの内部は、5/5/7という音節の3行詩が4つ続き、最後に2行の7音節の詩句が置かれている。

Jan Wubbels, Shipping on the Ijsselmeer with Amsterdam (部分)

第一詩節は、題名の通り、旅への誘い。

  Mon enfant, ma sœur,
  Songe à la douceur
D’aller là-bas vivre ensemble !
  Aimer à loisir,
  Aimer et mourir
Au pays qui te ressemble !
  Les soleils mouillés
  De ces ciels brouillés
Pour mon esprit ont les charmes
  Si mystérieux
  De tes traîtres yeux,
Brillant à travers leurs larmes.

Là, tout n’est qu’ordre et beauté,
Luxe, calme et volupté.

  私の愛しい子、妹よ、
  あの甘やかさを思っておくれ、
彼方に行き、一緒に暮らすんだ!
  おもいきり愛し、
  愛し、そして死ぬ、
君に似たあの国で!
  湿った太陽が、
  霞んだ空に浮かび、
私の心に魅力的にうつる、
  とても不思議な目の魅力、
  君の裏切りの目が
涙の間で輝いている。

彼方では、全てが整然とし、美しい、
豪華で、静か、そして官能的。

「旅への誘い」は、愛する女性への呼びかけから始まり、ここから遠くに行き、共に暮らすことを夢見て欲しいと願う。
その夢(songe)は、激しい欲望ではなく、穏やかな(doux)願いだ。

しかし、行く(aller)、生きる(vivre)、愛する(aimer)と動詞の原形が続いた後、死ぬ(mourir)という言葉が付け加えらる。それは、今いる場所から離れることが、死につながり、あの世への旅立ちであることを暗示している。

その誘いの言葉の中では、2つの詩行の最初にaimerが反復され(アナフォール)、その後で、たっぷりと( à loisir)と死ぬ(mourir)という変化が加えられる。
vivre, loisir, mourirでは、iの音の反復(アソナンス)が用いられ、詩的効果を挙げている。
iの音は、続くpays(pé-iと発音), quiでも反復され、生き、愛し、死ぬのが、君に似た国であることが際立つ音の配置になっている。

Salomon van Ruysdael, Vue de Deventer

後半の6行は一つの文であり、区またぎ(enjambement)の連続になっている。
主語は、靄の掛かった雲の湿った太陽。
動詞は、持つ(avoir)。
目的語は、涙の奥で輝く君の裏切りの眼差しの神秘的な魅力。

二人は喧嘩でもして、女性が泣いているのだろう。
その涙の奥で、愛する人の目がきらきらと輝いているのを、詩人は知っている。
彼女は決して悲しんでいるわけではなく、詩人の愛を確認しようとしているのだろう。だから、旅に出ようと誘う詩人の言葉で、彼女の目は輝いている。

Willem van Aelst, Nature morte de fleurs avec montre 

最後の2行は、リフレインとして、後に続く2つの詩節の最後でも反復される。

彼方(Là)は、旅の目的地。
恋人たちが到達するのを夢見る国。
そこには美があり、穏やかでありながら官能的。

そこで耳を打つのは、Oの音の反復(アソナンス):ordre, beauté, volupté。
Lの音の反復(アリテラシオン):là, luxe, calme, volupté.
その上で、beautéとvoluptéが韻を踏む。

このようにして、音の上でも官能の喜び(volupté)に焦点が当たる。
そのようにして、官能が美と強く結びつき、美を生み出す秘密であることが示されている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中