ボードレール「コレスポンダンス」(万物照応) Correspondances

ボードレールの「コレスポンダンス」« Correspondances »は、19世紀以降の文学を理解する上で最も重要な詩だといえる。この詩の中に象徴の森という言葉があり、19世紀後半には、象徴主義のマニフェストとさえ見なされた。

コレスポンダンスとは本来、地上と天空の対応を意味し、ルネサンス思想の中心的な概念だった。

占星術において、星の動きから人間の人生や社会の出来事を予測することができるとしたら、星と人間界の間に対応関係があるからだということになる。

17世紀以降、合理的科学思想が支配的になるにつれて、コレスポンダンスの思想は周辺的な思考へと追いやられることになった。星の動きを観察するのは天文学という科学的な学問の分野になり、星占いは非合理と見なされる。
19世紀、産業革命によって技術力が進歩し、物質主義、実証主義がますます支配的になる中で、何人かの文学者たちはルネサンスの文学や文化、思想を振り返り、コレスポンダンス的思考を再評価した。

ボードレールはその中の一人であり、万物照応と訳される「コレスポンダンス」は、その思想を最も見事に表現したソネ(sonnet)である。その根本的なテーマは「自然」。そこでは全てが生命を持ち、コレスポンダンスは、天上と地上という垂直方向に働くと同時に、水平方向にも働く。それは五感の相互的な対応であり、共感覚(synesthésie)を引き起こす。

14行の詩句で形成されるソネは、4行詩2つと3行詩2つに分解される。基本的には、最初の8行でテーマが設定され、次の3行詩で展開が行われ、最後の3行詩で統合がなされる。

Correspondances

La Nature est un temple où de vivants piliers
Laissent parfois sortir de confuses paroles;
L’homme y passe à travers des forêts de symboles
Qui l’observent avec des regards familiers.

自然は一つの神殿。生きた柱が、
時として、混乱した言葉を発する。
その中で、人間は象徴の森を通る。
彼を親しげに見つめる森を。

自然は« la Nature »と最初が大文字で書かれ、普通名詞ではなく、固有名詞のような捉え方をされる。一般的な自然というものではなく、唯一無二の存在としての自然。

その自然は神殿であり、生命を宿している。神殿の柱は命を持ち、言葉を発するのだ。その柱とは森の木々であり、風が吹けば様々な音を立てる。

こうした感覚は、自然と人間が切り離されているヨーロッパ的な思考では理解が難しい。しかし、自然が神聖なものであり、人間と対立するのでは、人間も自然の一部だという感受性を持った日本人には、そのまま理解される。

ポール・クローデルは、日本文化論「日本人の魂を見る目(un regard sur l’âme japonaise)」の中で、日本を「カミの国」と捉え、「自然全体がすでに崇拝のために準備され整えられた一つの神殿」であると記している。そして、例えば、山の中に作られた神社などは、その建物自体のためにあるのではなく、風景の意図を強調するためにあると見なした。その意図とは、風景の中にある祈りだと言う。この考察は、ボードレールの言う「自然」と一致している。

森の中を歩いていて、木が私たちに話しかけるという感覚を持つことは普通にある。何を話しているのかははっきりとわからないから、混乱した言葉(de confuses paroles)かもしれない。しかし、人間と自然、木々の関係はとても近く、親しい(familier)。

このように考えると、「コレスポンダンス」の第一詩節は、日本人の感性と合っていることがわかる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中