ボードレールの美学 想像力と現前性

シャルル・ボードレール曰く、
「美は常に奇妙なもの」。Le Beau est toujours bizarre.
「美は常に人を驚かせるもの」。Le Beau est toujours étonnant.

奇矯なものというのは、1855年の万国博覧会での美術展の批評での表現。
驚かせるというのは、1859年のサロンの美術批評の中で使われた言葉。

こうした美意識を持ったボードレールの美学とは、どのようなものなのだろうか?

再現から作品そのものへ

ボードレールが芸術作品の創造に関して抱いている基本的な構図は、古典主義的である。
まずモデルとなる対象があり、その対象を再現したものが作品。

古典主義的な考えでは、美しい対象を選び、美しく描き出すことが芸術作品と考えられた。
例えば、18世紀ロココ絵画の傑作、フランソワ・ブーシェが描いたポンパドゥール夫人の肖像画。

François Boucher, Madame de Pompadour

美しい女性、豪華な家具やドレスが、現実そのままと思われるほどの質感を伴って再現されている。

ボードレールも、こうした再現芸術の構図に基づいて作品の創造を考えている。
実際、絵画制作に関して、対象を見ずに空想だけで描くことには反対の立場を取る。もし空想だけに頼ると、先入観によって予め作られている型にはまったものしか生み出せなくなってしまうから、というのがその理由。

しかし、現実の対象をあるがままに写し取ることを目的と考えてもいない。
作品はそれ自体で価値を持ち、現実のコピーではない。
例え肖像画であろうと、モデルに「似ている」ことが重要ではなく、肖像画としての価値は絵画そのものの質にある。

ボードレールの美学は、その意味で、芸術至上主義と言ってもいい。

ボードレールの美学 想像力と現前性」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中