ランボー 「おお季節よ、おお城よ」 Rimbaud « Ô saisons ô châteaux… » 永遠から時間の中へ

「おお季節よ、おお城よ」は、『地獄の季節』の中心を占める「錯乱 II 言葉の錬金術」に収録された韻文詩群の最後に置かれた詩。
その直前に位置する「永遠」の後、再び「時間」が動き始める。
そして、ランボーは、「幸福」について思いを巡らせる。

6音節のリフレイン« Ô saisons (3) ô châteaux (3) »に挟まれ、7音節2行で構成される詩節が、幸福の魔力と魅力について、多様な解釈の余地を生み出す言葉となって、連ねられていく。

Ô saisons, ô châteaux !
Quelle âme est sans défauts?

おお、季節よ、おお、城よ!
どんな魂に、欠点がないというのか?

ランボーの詩の最も大きな特色は、言葉一つ一つの意味は理解できても、それをどのように解釈していいのか、限定できないところにある。
季節(saisons)という言葉をどのように理解したらいいのか?
城(châteaux)は? 
しかも、その二つの単語は複数形になっている。
また、欠点(défauts)とは何か? なぜ複数形なのか?
それらの疑問を解明する手掛かりは、詩句のどこにも記されていない。

その特色は、意味を限定できないというジレンマに読者を陥らせる。
しかし、そのおかげで、ランボーの詩句の解釈は大きく開かれ、自由に思いを投影することができもする。

リフレインとなる6音を、小林秀雄はこう訳した。

季節が流れる、城砦が見える

季節に「流れる」という動詞を付けたのは、小林の解釈。
季節が流れるという解釈は、『地獄の季節』の最終章「さらば(Adieu)」の冒頭の一句から類推することができる。

L’automne déjà ! — Mais pourquoi regretter un éternel soleil, si nous sommes engagés à la découverte de la clarté divine, — loin des gens qui meurent sur les saisons. 

もう秋だ! ーー しかし、なぜ永遠の太陽を懐かしむのか、もし私たちが神聖な光を発見するよう定められているならば、ーー 季節の上で死んでいく人々から遠く離れて。

ここでは、永遠と季節が対比され、季節は時間の流れを象徴すると考えてもいい。とすれば、小林の「流れる」という解釈は、訳として間違ってはいない。

さらに、「言葉の錬金術」の中で、この詩は、「永遠(L’Éternité)」の後に置かれている。
https://bohemegalante.com/2019/08/08/rimbaud-eternite/
詩人は永遠を見つけた後、再び、時間が流れる季節の中に戻ってきたのだ。

そして、城。
複数形の城をどのように理解したらいいのだろう?

複数形に置かれているということは、城は複数あることになり、不動の永遠の中にある唯一の城ではない。とすれば、季節の変化に応じて、一つあるいはいくつかの城があると考えてもいいだろう。
それらは、時間の経過とともに移ろい、失われていく。
としたら、城とは、現実の次元にある様々なものや感情などと考えることができる。

そして、現実の中では何一つ理想そのものであることはなく、欠点を持ち、誰しもいくつかの失敗をし、不完全な存在であるほかない。

そのような解釈に立つと、このリフレインは、永遠を見出した詩人が、現実世界に戻ったことの宣言であると受け取ることができる。

そこで彼は何を語るのか? 
すでに完了したこと。現在の状況。未来の予測。
時間の中に戻った詩人の語ることは、時間の推移に従っている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中