ランボー 「永遠」 Rimbaud « Éternité »

誰もが望みながら、どうやっても到達できない永遠。ランボーはその永遠を容易に見つけてしまう。
彼はいとも簡単に言う。「永遠がまた見つかった!」と。

1872年、彼はヴェルレーヌと一緒にあちこち放浪していた。
そして、腹が減ったとか(「飢餓のコメディ」)、我慢しよう(「忍耐祭り」)といった気持ちを、歌うようにして詩にした。

「永遠」もそうした詩の一つ。
その後、『地獄の季節』(1873)の中で、「言葉の錬金術」によって生み出された詩として歌われることになる。

Elle est retrouvée !
Quoi ? l’éternité.
C’est la mer mêlée
   Au soleil.

また見つかった!
何が? 永遠が。
それは、海。溶け合うのは、
   太陽。

ランボーにとって、永遠は無限の彼方にある不可視の存在ではない。
目の前に広がる海。空には太陽が輝く。
太陽が海と溶け合うのは、曙と夕日の時。
二つが一つになるその時=今。

ルソーやボードレールが夢想の中で忘我の状態になり、現実から解放されることで見出した「永遠の現在」。
https://bohemegalante.com/2019/04/21/rousseau-reveries-extase/
https://bohemegalante.com/2019/02/20/baudelairle-confiteor-de-lartiste/

ランボーは、今、ここで、その「永遠」と出会う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中