ボードレール 「通り過ぎた女(ひと)へ」 Baudelaire « À une passante » 儚さと永遠と

「通り過ぎた女(ひと)へ」の中で、詩人は、雑踏の中ですれ違った女性を思い返し、もう二度と会うことはないであろう彼女に向けて呼びかける。

Constantin Guys, Vanité

その女性が象徴するのは、一瞬のうちに通り過ぎる、儚く、束の間の美。一瞬の雷光。

同時に、その美は心の中に刻まれ、決して消えることはない。それは、永遠に留まる神秘的な美。

こうした、一瞬で消え去りながら、同時に永遠に留まるという美の二重性を、ボードレールはモデルニテ(現代性)の美と呼び、その典型をコンスタンタン・ギースの絵画に見出した。

「通り過ぎた女(ひと)へ」は、モデルニテ美学のエンブレムとなる、十四行のソネット。

最初の4行詩は、大都市の喧噪と、雑踏の中で一瞬の間かいま見た女性を描き出す。

La rue assourdissante autour de moi hurlait.
Longue, mince, en grand deuil, douleur majestueuse,
Une femme passa, d’une main fastueuse
Soulevant, balançant le feston et l’ourlet ;

その通りは、耳をつんざくような音を立て、私の周りで叫んでいた。
長ひょろく、細身、ひどく悲しげで、堂々とした苦痛そのものである
一人の女(ひと)が、通り過ぎた。これみよがしの手つきで、
服の花綱の飾りと縁飾りを持ち上げては、揺らしながら。

18世紀後半のフランス革命以来、フランスでも産業革命が進み、近代化の波が押し寄せた。

Honoré Daumier, L’Émeute


パリの人口もおよそ50万人から100万人に膨れ上がったと言われ、人で溢れるようになる。田舎であれば、誰もが知り合いで、すれ違えば挨拶を交わしただろう。しかし、パリでは雑踏の中で、見知らぬ人々といり混ざり、非人称の集団が騒音を生みだした。

そうした様子は、マルセル・カルネの映画「天井桟敷の人々」の中で巧みに描かれている。

ボードレールは、通り(la rue)を主語にし、叫ぶ(hurler)という動詞によって、雑踏があたかも生き物であり、主体的に叫び声を発しているという印象を生みだす。

その喧噪の中を、一人の女性が通り過ぎた。
動詞の時制は単純過去(passa)。
その出来事は、今とは切り離された、過去の歴史的な事件として提示されていることがわかる。

悲しげで、苦痛に満ちた様子である一方、服をこれみよがしになびかせている姿は、ボードレールの時代の都市の姿でもあり、その時代の象徴とも考えられる。
パリという華やかな都市に住む人々。しかし多くは労働者であり、売春婦や悪漢も多い。通りを歩く群衆は非人称の集団にすぎず、全てがその場その場で過ぎ去っていく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中