ボードレール ドラクロワ 絵画論 1846年のサロン

「1846年のサロン」の中で、ボードレールはドラクロワについて論じながら、彼自身の絵画論の全体像を提示した。

その絵画論は、ドラクロワの絵画を理解するために有益であるだけではなく、ボードレールの詩を理解する上でも重要な指針が含まれている。

1)芸術についての考え方:インスピレーションか技術か
2)作品の構想と実現:自然(対象)との関係
3)作品の効果

ボードレールは、ドラクロワの絵画に基づきながら、以上の3点について論じていく。

1)芸術に偶然はない

古代ギリシアの時代から、芸術はインスピレーションによるのか(プラトン)、人間が技術を使って作り上げるのか(アリストレレス)という、二つの考え方が拮抗してきた。

A. 芸術は知的構築物

ボードレールの次の言葉は、芸術とは知的な構築物であるべき、という考えを示している。

Il n’y a pas de hasard dans l’art, (…).
芸術に偶然はない。

偶然というのは、インスピレーションによって神から与えられるもの。人間の力を超え、人間にはコントロールできない。

Un tableau est une machine dont tous les systèmes sont intelligibles pour un œil exercé ; où tout a sa raison d’être, si le tableau est bon ; où un ton est toujours destiné à en faire valoir un autre ; où une faute occasionnelle de dessin est quelquefois nécessaire pour ne pas sacrifier quelque chose de plus important.

1枚の絵画は一つの機械であり、熟練した目には、全ての組織が理解可能だ。いい絵であれば、そこに描かれた全てに存在理由がある。一つのトーンは、別のトーンを価値付けるように定められている。デッサンに何らかの欠点があるとしても、それは、もっと重要な何かしらを犠牲にしないために必要なこともあるのだ。

優れた芸術作品は、全ての要素が考え抜かれ、精密に構成されている必要がある。欠点と思われる部分にもその理由があり、おざなりにされたものではない。作品全体が、知的に構成されたものでなければならない。

この考え方は、数年後に、エドガー・ポーの芸術論に基づき、さらに明確に表現されることになる。

B. 芸術家は、技術屋ではなく創造者。

芸術が知的構築物だとしても、技術を洗練させることによって優れた作品ができるわけではない。
もっとも重要なのは、芸術家の内的世界で行われる構想。

技術と構想の違いを明らかにするために、ボードレールは、ドラクロワとヴィクトル・ユゴーを対比させる。

ヴィクトル・ユゴーはロマン主義文学の代表者。絵画の世界では、ドラクロワをロマン主義の第一人者と見なした。
ボードレールは、フランス第一の詩人のテクニックは認めても、ドラクロワのような創造性は否定する。

M. Victor Hugo, (…] est un ouvrier beaucoup plus adroit qu’inventif, un travailleur bien plus correct que créateur. Delacroix est quelquefois maladroit, mais essentiellement créateur. 

ヴィクトル・ユゴーは、総意に富むというよりも巧みさを多く持つ職人であり、創造的であるより正確さを持つ労働者である。ドラクロワは、時には不器用かもしれないが、本質的に創造者である。

では、ユゴーとドラクロワの違いはどこから来るのか?

L’un commence par le détail, l’autre par l’intelligence intime du sujet ; d’où il arrive que celui-ci n’en prend que la peau, et que l’autre en arrache les entrailles. Trop matériel, trop attentif aux superficies de la nature, M. Victor Hugo est devenu un peintre en poésie ; Delacroix, toujours respectueux de son idéal, est souvent, à son insu, un poëte en peinture.

一人(ユゴー)は、細部から始める。もう一人(ドラクロワ)は、主題を内的に理解することから始める。その結果、一方は皮膚しか捕らえないが、他方は内臓を引きむしる。あまりにも物質的で、あまりにも自然の表面的な部分にだけ注意を向けるヴィクトル・ユゴーは、詩における画家になった。ドラクロワは、つねに彼の理想を尊重するので、自分でも知らないうちに、絵画における詩人である。

ユゴーは自然を美しく描くが、その繊細で多様な描写のために、自然の物質的な側面しか描なないと批判されたことがある。
ボードレールはその批判を受け止め、ユゴーは物質的な側面に感心を持つと見なした。

それに対して、ドラクロワは自然の表面的な側面を精密に写実するのではなく、自分の理想を尊重して描くという。
普通に考えると、自然を無視して、画家の中に予め存在する理想を描くことだということになってしまう。
しかし、ボードレールは、描く対象を見ずに、記憶だけで描く画法には反対する。
では、芸術家の内的な理想と外に広がる自然の関係をどのように考えればいいのだろうか。

ボードレールは「超自然主義(surnaturalisme)」という概念を用いて、その関係を説明する。
それはドイツ由来の言葉であり、彼はまず、ドイツの詩人ハインリヒ・ハイネの「芸術に関して、私は超自然主義者(surnaturaliste)である。」という言葉を引用する。

古典的な美学の基本は、「自然の模倣(imitation de la nature)」だった。
しかし、自然の中に全ての型を見つけることはできない。しかも、もっとも素晴らしい型が明かされるのは、「自分の魂の中」なのだ。
そのことがよくわかるのは、最も原初的な芸術である建築において。
素晴らしい建築物の型は、出来上がった後で探してみると、森の木々の葉や、岩の洞窟の中で見出されるかもしれない。
しかし、その型は、最初に人間の魂の中にあったのであり、外の自然の中にあったものではない。
自然の前に、自然を超えたものが魂の中にある。
言い換えると、自然でありながら、自然を超えたもの(超自然)。それが魂の中にあり、その型を表現するのが創造ということになる。

このハイネの説から、ボードレールにとって、創造者とは、自然を模倣する者ではなく、魂の中にある超自然の型を再生する者だということが理解できる。

以上をまとめると、芸術とは知的構築物であること。
そこで重視されるものは物質的な表現(ユゴ的)ではなく、人間の魂の中にある超自然(le surnaturel)。(次ページに続く)

ボードレール ドラクロワ 絵画論 1846年のサロン」への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中