ボードレール 白鳥 Baudelaire Le Cygne モデルニテの詩 1/2

シャルル・ボードレール(Charles Baudelaire)の「白鳥(Le Cygne)」について、最も優れたボードレール研究者だったクロード・ピショワは、ボードレールの詩の中で、そしてフランス詩の中で、最も美しいものの一つと断言している。

その詩の書かれた1859年頃、パリは変貌を遂げつつあった。
1850年くらいから古い街並みが壊され、新しい街並みが生まれつつあった。「白鳥」は、そうした変貌を背景にし、まさに変わりつつあるルーブル宮のカルーゼル広場を歩きながら、一羽の白鳥の姿を想い描く。その姿を通して、社会も人間の心も文化も芸術も、全てが新しい時代へと移行していく「今」を捉え、「美」を抽出する。

その変化は、ボードレールの詩においては、19世紀前半のロマン主義的なものから、19世紀後半のモデルニテと呼ばれるものへの移行でもあった。こう言ってよければ、美の源泉が、「ここにないもの(過去、夢、内面、地方、自然など)へのメランコリックな憧れ」から、「今という瞬間=永遠」へと変わっていく。その流れを主導したのが、ボードレールだった。

ここではまず、現在ではルーブル美術館の入り口としてガラスのピラミッドが立てられているカルーゼル広場に関して、変貌前(1846年)と変貌後(1860年)の姿を確認しておこう。

広場の中心あたりにはカルーゼル門が立っていることは変わらない。しかし、1846年にはその奥にごちゃごちゃと立ち並んでいた建物群があるが、1860年の絵画ではきれいに取り払われている。その違いをはっきりと見て取ることができる。

改造工事は1850年から始められ、1852年にはかなり進んでいたことが、1849ー50年の絵と1852年の写真から見えてくる。


このカルーゼル広場を舞台とした「白鳥」をフランス語で読む場合、最初に着目したいのは、ボードレールが伝統的な詩の形式から逸脱し、新しい詩の形に挑戦していることである。
ただし、韻文詩としての形式を壊す方向には向かわなかった。一行の音節の数、韻の踏み方(ABABの交錯韻、男性韻と女性韻の交代)といった規則は守られている。

ボードレールがしたことは、詩句の内部での革新であり、その点では、ヴィクトル・ユゴーの後に続いている。
伝統的な詩法では、12音節の詩句であれば、基本的には6/6と真ん中で区切りがあり、その区切りが意味的なまとまりを持つことが求められてきた。
ユゴーは、そこからの自由を実践し、12音節の区切りを3つにして、4/4/4や3/4/5とするなどして、リズムの変化を生み出した。
ボードレールはさらに大きく一歩踏み出し、詩節と詩節の間の区切りを無視し、詩節を跨いで文が続く詩句を作り出す。
その効果は、「白鳥(Le Cygne)」の中では、まさに「白鳥」という言葉によって最も鮮明になる。第4詩節で« je vis (私は見た)»と言われるのだが、目的語である« un cygne(白鳥)»は、第5詩節の先頭に置かれるのである。
こうした語句の配置は、ボードレールが「新しい」詩を創造する意図を明確に示している。

その効果を実感できるように、フランス語の詩句の理解のために添えた日本語は、できるかぎりボードレールの詩句の順番に充実になるように心掛けた。

Le Cygne
À Victor Hugo

I

Andromaque, je pense à vous ! Ce petit fleuve, 
Pauvre et triste miroir où jadis resplendit 
L’immense majesté de vos douleurs de veuve, 
Ce Simoïs menteur qui par vos pleurs grandit,

A fécondé soudain ma mémoire fertile,
Comme je traversais le nouveau Carrousel.
Le vieux Paris n’est plus (la forme d’une ville
Change plus vite, hélas ! que le cœur d’un mortel) ;

白鳥

ヴィクトル・ユゴーに


アンドロマック、私はあなたのことを考えている! この小さな大河、
ちっぽけで悲しい鏡、そこではかつて輝いていた、
あなたの寡婦としての苦悩の、巨大な威厳が、
この嘘つきのシモイス川、それはあなたの涙で巨大化し、

私の肥沃な記憶を突然豊かなものにした、
私が新しくなったカルーゼル広場を通り過ぎている時のことだった。
古いパリはもはや存在しない。(町の形は
変わってしまう、ああ! 人の心よりももっと早く。)

最初に「ヴィクトル・ユゴーに」という献辞があり、「白鳥」が19世紀最大の詩人に捧げられいることが示される。その意味については、解説の最後に考えていくことにする。

アンドロマックは、ギリシア神話に出てくる英雄ヘクトールの妻。
彼女は、トロイア戦争の戦いで夫エクトールがアキレウスに殺害された後、アキレウスの息子ピリュスによってエリスに連行され、妻にさせられる。さらにその後になり、プリアムス王の息子ヘレヌスの妻となる。
しかし、彼女の気持ちは常に最初の夫エクトールに向けられていて、彼女の意識の中では寡婦(veuve)のままであり、アンドロマックという名前は忠実な妻の代名詞となった。

シモイス川は、アンドロマックの故郷トローアスを流れる川。
ローマの詩人ウェルギリウスは、ヘレヌスの妻となっていたアンドロマックとアエネーイスが再会する場面を描いている。

わたし(アエネーイス)は船と浜辺を後にして港から進み出た。
そのとき偶然アンドロマケを見かけた。いつもの食事と哀悼の捧げ物を、
都の手前の聖林の中、シモイス川に見立てた川の側で、
死者の灰に捧げていた。霊に呼びかけていたのは
ヘクトルの墓でのこと。緑の芝に覆われ、納骨されていない墓であった。
(山下太郎「ラテン語入門」『アエネーイス』第三巻訳 https://aeneis.jp/?=8323#3272-299 )

ボードレールが、「嘘つきのシモイス川(Simoïs menteur )」と表現するのは、ウェルギリウスの「シモイス川に見立てた川(falsi Simoentis=偽りのシモイス川)」から来ていると考えられている。
つまり、彼女が目にしているのは、本物のシモイス川ではなく、本物を思い出させるだけで、実はシモイス川とは異なる川なのだ。

こうした前提となる知識を知ることで、ボードレールがなぜ最初にアンドロマックに呼びかけたのかがわかってくる。
アンドロマックの今は「喪失の時」であり、彼女の望みは全て過去にある。夫ヘクトールへの愛、故郷のシモイス川をいくら想っても、決して過去に戻ることはできない。だからこそ、記憶の中にある理想への憧れはますます強くなり、心はメランコリーに包まれる。
ロマン主義的な美は、そうしたメランコリックな憧れから生まれる。

従って、アンドロマックが体現するのはロマン主義であり、「私はあなたのことを考えている!(Je pense à vous !)」と呼びかける「私(je)」は、ロマン主義を目指す詩人であると考えることができる。

その「私」が「新しくなったカルーゼル広場を横切っていた( je traversais le nouveau Carrousel)」時、水の流れを目にし、シモイス川を連想し、アンドロマックを思う。
その際、次のような等式が成立する。

過去のアンドロマック(本物のシモイス川)/ 今のアンドロマック(偽のシモイス川)
改造前の古いカルーゼル広場 / 改造後の新しいカルーゼル広場

今のアンドロマックの前を流れる小川が「鏡(miroir)」となり、過去のアンドロマックの「寡婦(veuve)」としての「苦悩(douleurs)」を映し出す。
そのことで小川は大きくなり(grandit)、「私の記憶(ma mémoire)」を「豊かにした(a fécondé)」。
現在は過去の記憶に裏打ちされることで、豊穣なものとなる。

同じように、新しいカルーゼル広場も、過去のカルーゼル広場の姿に裏打ちされることで、美に近づくはずである。
別の視点から見ると、過去のカルーゼル広場を理想として憧れることが、ロマン主義的な美を生み出すことにつながるはずである。

「古いパリはもう存在せず(Le vieux Paris n’est plus)」、「町の形(la forme d’une ville)」は「人の心(le cœur d’un mortel)」よりも早く「変わっていく(change)」。

その認識は、都市改造が進む1850年代のパリを端的に表現している。時代と共に全てが「進歩」し、過去を乗り越えて進んでいく。(ダーウィンの『種の起源』が出版されたのは1859年だった。)

そうした中で、「私」はあえて改造前のカルーゼル広場の姿を思い描く。

Je ne vois qu’en esprit tout ce camp de baraques,
Ces tas de chapiteaux ébauchés et de fûts,
Les herbes, les gros blocs verdis par l’eau des flaques,
Et, brillant aux carreaux, le bric-à-brac confus.

私の心の中でしか見えない、あの一群の貧しい建物も、
数多くの粗末な柱頭や柱も、
雑草も、水たまりの水で緑に苔むした大きな石の塊も、
そして、窓の上で輝く、混沌としたガラクタも。

実際、第3詩節では、「心の中でしか見えない(Je ne vois qu’en esprit)」、つまり今では失われてしまったカルーゼル広場の姿が描き出される。
実際、改造前の広場は、下の絵に見られるように荒れ果てていた。

ボードレールが列挙するのは、こうした「貧しい建物(baraques)」の「一群(camp)」であり、建物を飾る「柱頭(chapiteaux)」や「柱(fûts)」、そして「雑草(herbes)」、「窓(carreaux)」、「ガラクタ(bric-à-brac)」であり、ここには見えていない「水たまり(flaques)」水や「大きな石の塊(gros blocs)」。

「新しくなったカルーゼル広場」からは、こうした汚れたパリの街並みは取り払われてしまっていた。
ボードレールは、想像力の力、あるいは記憶の力によって、そうした街並みを思い浮かべる。

その上で、次の第4詩節からは、かつて存在していたらしい「動物小屋(ménagerie)」に言及し、白鳥の飛来へと続ける。(ボードレールが« ménagerie »と呼んでいるのは、かつでカルーゼル広場にあった「王立厩舎に付属していた馬の練習場(manège des écuries du roi)」のことだと考えられる。)

Là s’étalait jadis une ménagerie ;
Là je vis, un matin, à l’heure où sous les cieux
Froids et clairs le Travail s’éveille, où la voirie
Pousse un sombre ouragan dans l’air silencieux,

Un cygne qui s’était évadé de sa cage,
Et, de ses pieds palmés frottant le pavé sec,
Sur le sol raboteux traînait son blanc plumage.
Près d’un ruisseau sans eau la bête ouvrant le bec

Baignait nerveusement ses ailes dans la poudre,
Et disait, le cœur plein de son beau lac natal :
« Eau, quand donc pleuvras-tu ? quand tonneras-tu, foudre ? »
Je vois ce malheureux, mythe étrange et fatal,

Vers le ciel quelquefois, comme l’homme d’Ovide,
Vers le ciel ironique et cruellement bleu,
Sur son cou convulsif tendant sa tête avide,
Comme s’il adressait des reproches à Dieu !

そこにはかつて動物小屋が立てられていた。
そこで、私はある朝、目にした、
冷たく明るい空の下で「労働」が目を覚まし、ゴミ収集人たちが、
静かな大気の中に、暗い風を吹き上がらせる時、

一羽の白鳥を。その鳥は、籠から逃げ出したのだった、
そして、水かきのついた足で、乾いた舗石をこすり、
凸凹した地面の上で、純白の羽を引きずっていた。
水のない小川の近くで、嘴をあけ、

神経質そうに、羽根を埃の中に浸し、
言うのだった、心は故郷の美しい湖で満されながら、
「水よ、いつ雨になるのか? 雷よ、いつ鳴り響くのか?」と。
私には見える、この不幸な生き物、奇妙で不吉な神話は、

時には空に向かい、ちょうどオウィディウスが描いた人間のように、
皮肉で、残酷なまでに青い空に向かい、
痙攣する首の上で、貪欲な顔を向けているのだ、
ちょうど、神に対して非難の言葉を投げかけるかのように!

この解説の最初の方で触れたように、第4詩節の「そこで私は目にした(Là je vis)」という動詞の目的語が第5詩節の最初に置かれ、伝統的な詩法に違反した詩句の配置によって、「一羽の白鳥(Un cygne)」の出現がとりわけ際立つようになっている。
読者は、私が見た対象が何か知りたいのに対して、ボードエールは、それがいつのことなのか、長々と説明を加える。
まず、「ある朝(un matin)」とし、さらにその時間帯を「(à l’heure où)」から説明し始め、「”労働”が目を覚ます時(le Travail s’éveille)」、つまり人々が働き始める時で、「ゴミ収集人たち(voirie)」が「一陣の暗い風(un sombre ouragan)」を舞い上がらせる時という詳細まで付け加える。
それらの記述の動詞が現在形(s’éveille, pousse)にであることは、それが問題の朝の光景ではなく、毎朝そうしたことが起こる時間帯であることを示している。
その記述は、私が見たものの出現を遅らせ、出現をより効果的にする役割を担っている。

次に続く白鳥の描写は、その鳥が今のカルーゼル広場には相応しくない存在であることを、具体的に示している。
「乾いた舗石(pavé sec)」の上を歩くのに、「水かきのついた足(pieds palmés)」は相応しくない。
「純白の羽( blanc plumage)」は「凸凹した地面(sol raboteux)」にはもったいない。
「小川(ruisseau)」には「水(eau)」がない。だから、「羽根を浸した(Baignait ses ailes )」のは「埃(poudre)」の中ということになってしまう。

こうした姿は、ボードレールが社会における詩人の姿を描いた「アホウドリ(L’Albatros)」を思い起こさせる。
大空の上を堂々と飛翔するアホウドリが、船の上にいる時には不格好に歩き、船乗りたちの嘲笑の的になる。
https://bohemegalante.com/2020/11/20/baudelaire-albatros-portrait-poete/

新しくなったカルーゼル広場に降りたった白鳥は、小川には水が流れ、乾いた舗石は水で溢れて水かきが役立つことを願いながら、雨や雷に呼びかける。
その際、心は「故郷の美しい湖(beau lac natal)」への想いに満たされている。
そのように、不在のものに向かって強く想いを馳せる白鳥は、ロマン主義的な精神を具現化している。

そして、空に顔を向ける姿は、神に対する「反抗者」のように見える。
その際、第6詩節の最後に、「私にはこの不幸な生き物が見える(Je vois ce malheureux)」とした上で、第7詩節になって、「空に向かって(vers le ciel)」、「顔を向ける(tendant sa tête)」というその生き物の行動が示される。
ここでも、伝統的詩法からの逸脱が、詩句の効果を上げていることを確認することができる。

その行為の意味については、「オウィディウスが描いた人間(homme d’Ovide)」、「空へ向けて(vers le ciel)」の反復によって暗示され、「神に対する非難(reproches à Dieu)」という言葉で明示される。

オウィディウスは『変身物語』の中で、神が天地創造の最後の段階で人間を創造した際の様子を語っている。

しかし、今までのところ、これら(=魚、獣、鳥)よりも崇高で、いっそう高度の知的能力をもち、ほかのものを支配することのできるような生き物がいなかった。こうして、人間が誕生した。(中略) 他の動物たちはうつむきになって、目を地面に向けているのにたいして、人間だけは頭をもたげて天を仰ぐようにさせ、まっすぐ目を上げて空を見るようにいいつけた。(中村善也訳『変身物語』岩波文庫)

ここでの人間は地上における神の代理者として、世界を支配する存在として登場している。ボードレールは、従って、「頭をもたげて天を仰ぐ」という姿勢だけを借用し、他方で、その意味に関しては、従順から反抗へと逆転するという、皮肉な作業を行ったのだと考えられる。
その意図は、「空(ciel)」を形容する「皮肉で、残酷なまでに青い( ironique et cruellement bleu)」という表現によって示されている。

だからこそ、白鳥は「不幸(malheureux)」なのであり、「奇妙で不吉な神話(mythe étrange et fatal)」だと見なされる。
そして、それはまた、現在を嘆き、理想の過去を想い続けるアンドロマックの神話でもある。


このように見てくると、「白鳥」の第1部では、アンドロマックと白鳥を通して、ロマン主義的な精神が強く表出されていることが理解できる。
第2部では、今度は最初に白鳥を思い、次にアンドロマックを思うという風に、順番が逆転する。そうした中で、何かが変化していく。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中